2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ マルクス経済学・社会経済学 総合スレ ★

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/17 23:57
落ち目、時代遅れ、石頭、独善的、貧民の理論・・・
などなど、いろいろ言われておりますが、まあ、ここではまったりいきましょ。

### 出来るだけ「経済」板にふさわしいレスを。
### 「哲学」「政治思想」「共産党」などの話題は、それぞれの板にGo!


関連情報は>>2-10くらいに。

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/17 23:57
 マルクス経済学ってどんな学問?

 ここ見てね。↓
 http://www.econ.keio.ac.jp/staff/nobu/lecture/study-guide.htm
 
 ※無断引用、転載は禁止です。注意!

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/17 23:57
どんな本で勉強したらいいのかな?

これに限る訳ではありませんが...

 とりあえず、今、資本主義の問題点と将来の展望について、マル経学者がどう考えているかを知りましょう。
 『21世紀の経済社会を構想する―政治経済学の視点から』森岡 孝二, 八木 紀一郎, 杉浦 克己
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4921190097/qid=1058191438/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-8821463-0085833

・次に、安くて薄い本で入門しましょう
 『新版 入門経済学―常識から科学へ 有斐閣新書―入門経済学シリーズ』鶴田 満彦 (編集)
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/464109117X/qid%3D1058191508/250-8821463-0085833

・興味が出てきたら、教科書で本格的に勉強しましょう。
 『図解 社会経済学』大谷禎之介 → 正統派
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4921190089/qid=1056122561/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/249-9548823-0672320
 『経済学』置塩・鶴田・米田  → 数理マルクス
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/427211056X/qid=1056122714/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/249-9548823-0672320
 『資本主義経済の理論』伊藤誠 → 宇野派
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000026682/qid=1056122827/sr=1-22/ref=sr_1_0_22/249-9548823-0672320

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/17 23:57
歴史的に重要な文献・論文は?

1863-94 マルクス『資本論』
1910 ヒルファーディング『金融資本論』
1913 ルクセンブルグ『資本蓄積論』
1917 レーニン『帝国主義』
1928 ルービン「マルクス価値論概要」
1950-52 宇野弘蔵『経済原論』
1965 置塩信雄『資本制経済の基礎理論』
1966 バラン・スウィージー『独占資本』
1969 エマニュエル 『不等価交換』
1976 アグリエッタ 『資本主義のレギュラシオン理論』
1981 Romer Analytical Foundations of Marxian Economic Theory
1983 ボールズ・ゴードン・ワイスコフ『アメリカ衰退の経済学』

などなど。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/17 23:58
マル経を学べる大学は?

関連スレでよく名前が出ていたのが、

国公立 : 東京大 京都大、東北大、金沢大、大阪市立大
私立  : 早稲田大 立命館大 明治大 立教大 中央大 法政大 東京経済大 和光大

※ 調べた訳じゃないんで、ガセネタの可能性ありw

他にも、多くの大学でマル経の講義があります。

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/17 23:59
関連スレッド

日本で高名なマルクス経済学者(現役)って・・・
http://money.2ch.net/eco/kako/1003/10032/1003275864.html
マルクスの再生産・蓄積論について
http://money.2ch.net/eco/kako/1004/10048/1004827467.html
旧ソ連の経済について教えてください
http://money.2ch.net/eco/kako/1008/10080/1008046594.html
経済学の大前提
http://money.2ch.net/eco/kako/1009/10090/1009040034.html
★★  岩井克人  ★★
http://money.2ch.net/eco/kako/1012/10120/1012035306.html
☆マルクスの基本定理とは何か☆
http://money.2ch.net/eco/kako/1012/10123/1012390413.html
近代経済学の勘違い・・・
http://money.2ch.net/eco/kako/1013/10137/1013754156.html
2チャンネル読書会『資本論』
http://money.2ch.net/eco/kako/1014/10147/1014713011.html
近代経済学の勘違い・・・ part2
http://money.2ch.net/eco/kako/1015/10158/1015810047.html
根源的な問いだ。  競争は果たして善か?
http://money.2ch.net/eco/kako/1019/10192/1019268275.html
今、もっとも赤い大学は?
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1053872011/
● マルクスについて語る ●
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1045737832/
☆ソ連は経済学的にみて本当に失敗だったたのか?☆
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1051348770/
大阪市大の塩澤由典教授
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1017505518/
もう社会主義しかない
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1052839660/

7 ::03/07/18 00:02
ちゃんとしたマル経スレが無いのと、http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1001356927/
がそろそろ1000近いので、僭越ながら立てさせて頂きますた...

よろしくおながいします。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/18 00:28
>>1
最近のマルクス経済学の成果だよぉ
http://www.ivesound.jp/vocal/k/kotoko.html
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/nakapyon/kotoko/KOTOKO_download.htm
http://sagaplanets.product.co.jp/works/pureheart/pure_h.htm
http://www.phoenix-c.or.jp/bluegale/honey-f.html

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/18 06:39
>>8はウソ

10 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

11 ::03/07/18 12:38
3 宇野派では。有非閣新書の『経済原論』大内秀明.鎌倉孝夫編 あるよ。
4 マルクス 『共産党宣言』 エンゲルス 『空想から科学へ』も必読だ。



12 :COTOCO:03/07/18 23:37
>>9のウソに騙されてはいけません。真実は一つ!エロゲーソング万歳!
万国の労働者ばんざーい!
http://sagaplanets.product.co.jp/works/pureheart/pure_h.htm
http://sagaplanets.product.co.jp/works/pureheart/pure_h.htm


13 :1:03/07/18 23:48
>>11
フォローどうもです。
なんかネタがありましたらこれからもよろしくです。

最近、60年代生まれの若いマル経学者さんの本を読んだのですが、
なんかもう、昔の本と全然違いますね。
最初の方でいきなり「マルクスの誤りは、労働価値論、剰余価値論・・・」
とあってのけ反ってしまいました。
考えてみれば、この世代より下って、完全にマルクスがオhルと思われ
てた時期にあえてマル経を選び取ってるわけですから、先行世代よりも
面白いものがでてくるんじゃないかと、マル経ファン?としてはちょっと
期待してます。

14 :1:03/07/19 00:38
>>12
詳しくは知りませんけど、エロゲもどんどん規制が厳しくなってるみたい
ですから、万国のエロゲファンが団結して戦った方がいいのでは?

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/19 21:35
マルクス主義関係のリンク集。便利。

http://www.grad.e.u-tokyo.ac.jp/~kosuke/index-j.html

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/19 21:35
いまかなりの人気でたくさんの人が見に来てるからぜひあなたも来て!!
http://www3.free-city.net/home/espresso/au/sweety.html

今夜も最高の女性達が大集合!無修正で、、、。
http://www3.free-city.net/home/espresso/princess/pinkjelly.html

17 : ◆D0GY3R3sjY :03/07/20 12:54
aq

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/20 15:12
これからは、募金活動はパチンコ屋の前でするようにしよう。
「イラクの子供たちを救うためです。お願いしまうす。」とか言ってさあ。
余分に金のある奴から徴収することになるし、ギャンブルに流れる金は減るし、
そうやって公共の行いに携わることで寄付した人はパチンコに行かないようになるかも。
一石三鳥だな。
募金活動はパチンコ屋の前で。

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/20 15:28
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★  激安アダルトDVDショップ   ★
★    お買い得セール1枚500円!急げ! ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
        激安でDVDをGET!
      http://www.get-dvd.com
   何と! 1枚 500円均一 セール中!

   インターネット初!「きたぐに割引」
  北海道・東北の皆様は送料も激安!!
      http://www.get-dvd.com
       ゲットDVDドットコム!
   
    今すぐアクセス  Let's go !!!!!!!


20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/20 16:51
学部時代にマル経を勉強していて、大学院で近経を勉強し始めたんだけど、その研究
の進歩のスピードの違いに驚かされる。マル経はいまだに数百年前の本を読んでるの
に対し、近経は、わずか数年前に研究されていたことが古いと言われるほどのスピー
ドで進歩している。マル経は、国内の一握りの研究者によって研究されているのに対
し、近経は、ほとんど世界中の経済学者が競って研究している。やはり、学問的厚み
の違いは、あまりに歴然。あと、これは好みの問題でもあるが、より数学を多用する
近経のほうが、切れ味が鋭く、爽快。両方の学問をやってみた結果の、正直な感想。


21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/20 19:51
このまま演歌みたいになっちゃうのかな

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/20 19:55
↑↑↑
馬鹿か!?お前は。何を言いたいのだ?

資本制社会、すなわち資本のシステムが社会を包摂している現代、資本のシステムの
批判的超克的理論はマルクスであることは疑いようがない。
「近経」=一般均等理論にしても古典派経済学のそれなりの「労働価値説」を切断・放棄して19世紀に
成立したものだ。その実証主義的・モデル主義的見地からの体制擁護の諸政策や分析ツールがいかにも
あたらしい衣を纏っても、どこまでいっても一般均等理論であり、社会や歴史の不可知論であり、中空「理論」であることは
とうに明らかであろう。

マルクスは歴史と社会にたいする不可知論と直接知を拒絶し、不変にとどまりつつ絶えず変化するもののなかにこそ、その歴史貫徹性と法則性を見出し、
主体との媒介的統一をなしたものであって、これは現代認識そのものである。

23 :20:03/07/20 20:28
>22 近経は一般均衡論ばかりではないよ。均衡点を描くだけではなく
動学的な動きを描くものもある。現在のマクロ経済学では、これが
主流。おかしいと思ったので書いてみた。

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/20 22:40
「マクロ動学」ぐらい、予備知識としてある。

問題は、いかに現実的経済社会を矮小化し、「不断なる変化とそこにとどまろうとするもの=客体」を切断し、
「モデル分析」や現実的経済諸関係・諸関連から遊離した「数理的展開」に終始しているかだ。

これでは、歴史とはたんなる偶然の集合体であり、個々人は「経済人」として完全に自立し、情報を持ち経済主体、として振舞っている
「完全競争モデル」経済社会、となる。

だが、現実的にはその前提は崩れており、絶えず変化しつつも不動にとどまろうとする客体に、媒介的に統一される労働する個人!が存在する。
労働という存在論的根源的能動態、によって始めて認識できる歴史的なるもの、社会的公共的なるものへの知的接近こそ近代知であり、またマルクスの
自己陶冶論でもある。その労働する個人の力は、社会的には資本となって、倒錯した形態で顕れている。
それにたいする対話的はたらき、がまさに生きた弁証法であり、歴史認識であるといえる。

25 :かおりん祭 ◆VqKAORinK6 :03/07/20 22:54
  〈\     /〉
   ) @ノハ@ (
  彡  "   ,、 iミ
   (  ●  ●)
     / ー、_9ノ  
     |  ^▽^)<新スレおめでとうございまーす♪
     |(ノ   |)     
    人 丿丿
     U"U

26 :20:03/07/20 23:09
>24その無理に遠まわしに言う書き方が嫌いで、近経に移りました。と言う
か、マル経っぽくもなくて、全共闘世代のアジっぽいけどね。
数式で書いたほうが、紛らわしくない。近経では、言葉でいくら説明できて
も数式で説明できなければ、経済学としては扱ってくれない。物理学が数学
と切っても切れないのとおなじ。ま、これは、学問スタイルの違いだろうね。
でも、マクロ動学の知識があったのに、なぜ、「近経=一般均衡論」などと
言ったの?静学分析は、マクロでもミクロでも(ミクロはゲーム論が主流)
もう、中心ではないけど。

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 04:45
ここの書き込みが難しくてあまりわからない人は
青木雄二『ナニワ金融道 ゼニの魔力』を読んでみて。
わかりやすくマルクスのことが書いてあるよ


28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 10:40
>>20
だいたい同意だが、

>マル経はいまだに数百年前の本を読んでるのに対し、近経は、わずか数年前に
>研究されていたことが古いと言われるほどのスピードで進歩している。

さすがにこれは大げさでしょう。
確かにそういう傾向はあるだろうけど、マル経だって進歩してるよ。
数百年前の本を読んでおしまいではバカにされるだけ。

29 ::03/07/21 10:57
20さんのカキコを見て「多分そうなんだろうなあ」という想像はつきます。
ただ、私は、よくいる「考古学ファン」とか「天文学ファン」みたいな感じの、
外野の「経済学ファン」なので、今生きてる世の中に対する面白い見方が
出てくれば(一般書レベルでね)マル経でも近経でもどっちでもいいんですね。
無責任な話ですけど。
そういう訳で、マル経にもまだまだ頑張って欲しいなあ、と。
あと、最近はマル経でも数式をバリバリ使ってモデル構築をする人もいるみたいですよ。

30 :::03/07/21 11:08
29 越村信三郎.置塩信雄.塩沢由典.三土修平.など.

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 11:13
>>29
数式で説明できることは言葉でも説明できるよ。
制度の低い数字なら無い方がマシ

32 ::03/07/21 12:01
越村.塩沢は行列をつかって再生産表式を見事に解説しているよ。

33 :20:03/07/21 12:16
>29 僕はやったことないけど、数式を多様するマル経の人はいるみたいだ
ね。
 分析ツールとしては、多分、近経のほうが優れていると思う。ただ、視点
や、アイディアは、マルクスは鋭いものを持っている。マル経のアイディア
を近経のツールで解くというのは有益かもしれない。今、まだ読んでいる
途中なんだけど、技術進歩が貧富の差を拡大するというモデルがある。多分
書いた人はマルクスを意識はしていないけど、アイディアは近いよね。
>31 数式で説明できても、言葉でも説明できなければ、本当に分かった
ことにはならないとは、先生によく言われる。あと、数式でモデル化する
ときは、できるだけ、その特徴をはっきりさせるために、あえてシンプル
にする。したがって、精度は落ちる。物理学のシンプルなモデルで、空気
抵抗を無視するのといっしょ。

34 ::03/07/21 12:29
33 確か三土修平も題名はわすれたが彼のミクロ経済学の本のなかでマル
経のアイデアを近経のツールでもって解くということをやっている。
社会科学の定量分析が無意味であることは.計量経済学の不振により明らか.
定性分析さえできればよいのでシンプルなモデルでよい。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 12:41
>>33
>数式で説明できても、言葉でも説明できなければ、本当に分かった
>ことにはならないとは、先生によく言われる。

そういう事を言うのは、日本の学者だけかもよ。経済計画に数字は
不可欠だからね。

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 13:33
ハンス・ブレムス「経済学の歴史 1630-1980」多賀出版 では
マルクスの理論がモデル化されており、いろいろ矛盾点も指摘されている。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 13:48
『数理経済学の基礎』 塩沢由典 朝倉書店
のアプローチはマル経っぽいな。
いまだに書店にもあるので、それなりに需要もあるのだろう。

>>34
本来は、計量は理論が検証される為の道具であって、
計量がダメということはその前提となる経済理論がヤバいっていうことになるわけだが。
計量=予測・数値計算、と思うのは間違い。

一般均衡理論は実証分析があるけど、
マル経の数理モデルでは実証分析はないの?

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 13:55
歴史派そのものがウサン臭く思われてるって発想はマル経にはないの?

39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 14:09
>37
てか、塩沢さんて○経じゃん。三土さんも○経だし(置塩門下でしょ)。
塩沢さんはだれに師事されたかわからんが、市大の開講科目が○経だったような。
しかも、近経主流的方法では本とか論文書いてないよね。

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 14:52
>37確かに(近代)経済学のモデルが現実を十分説明しきれていないと
いうのは、経済学が無力、と言う人が多いことから、残念ながら事実
だろう。でも、両方の学問をやってみて正直に思うのは、それ以上
に、マル経の、特に理論が現実説明能力がないということ。マル経は、
ツールとしては、非常に使いづらい。マル経をやってて、
いきずまったとき、初めてケインズの乗数理論に触れて、こんな
単純な式で、政府の財政政策が表せるということに、いたく感動
したのを覚えてる。

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 15:45
>理論が現実説明能力がないということ。マル経は、
ツールとしては、非常に使いづらい。

 言っておくが、「マルクス経済学」はたんなる現実経済の一側面のみを強度に切り貼りし、倒錯した、実証主義化した「モデル分析」や、「ツール=道具」ではあり得ない!
 現実的諸側面の把握とその動態的傾向の分析において、マルクスは優れている、と言わざるを得ないだろう。
 つい最近、「数式もグラフも一切使わない(近代)経済学入門書」というもの(加藤寛『入門 経済学』)が書店であったが、その序章になかでマルクスの経済的把握の優位性を評価していた。
 元政府税調会長でさえ、認めざるを得ないのだ!マルクスの経済学を。

 ちなみにこれを貼りつけておく。

 
 マルクスは,『資本論』第三巻第5篇第27章 資本主義的生産における信用の役割 で,信用の発展にともなう株式会社の形成によって,生産規模の巨大な拡張,
 個別資本によって不可能であった諸企業と政府企業であった諸企業が会社企業となること,社会的生産様式の上に立つ生産手段と労働力の社会的集積を前提とする資本が個人資本と対立した社会資本
 (直接に結合した諸個人の資本)の形態をとり個人企業にたいする社会企業として現われること,機能資本家が他人資本のたんなる管理者に転化しまた資本所有者がたんなる貨幣資本家に転化して
 貨幣資本家の受け取る利潤が配当という利子形態でのみ,すなわち資本所有の報酬としてのみ受け取られること,機能と資本所有が分離されるが,それは,資本主義的生産様式の限界の下での私的所有の止揚であり,
 資本が生産者の所有である結合された生産者の所有,直接の社会有,への再転化の,また,資本所有と結合されていた再生産過程における一切の機能の結合生産者の単なる諸機能への,社会的諸機能への,再転化の,
 一通過点である,と言っている。

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 15:47
注意されるべきは,ここでは利潤が純粋に利子形態をとるので,こういう諸企業は利子のみをもたらすばあいでも可能であり,したがって,それは一般的利潤率の低下を阻止する諸原因
 の一つだということである。なぜなら,不変資本が可変資本にたいして巨大な比率をなし,資本の有機的構成がきわめて高いこれらの諸企業は,必ずしも一般的利潤率の均等化に参加しないからである。
 「これは,資本主義的生産様式そのものの内部における資本主義的生産様式の止揚であり,したがって自己自身を止揚する矛盾であって,それは明らかに一つの新たな生産形態への単なる通過点として表示される。
 かかる矛盾として,次にそれは現象においても表示される。それは若干の部面では独占を作り出し,したがって,国家の干渉を誘発する。それは一つの新たな金融貴族を,発起人,創立人,単に名目的な重役の態容
 における新たな種類の寄生虫を,会社創立,株式発行,株式取引にかんする山師と詐欺との全制度を,再生産する。それは私的所有の統制を欠く私的生産である」(岩波文庫9分冊 178頁)。
 ここでマルクスは独占が国家の干渉を誘発するとだけ述べている。
 株式会社においては,機能資本家が他人資本を管理する単なる一経営者に転化しその俸給は労働市場で価格調整される一種の熟練労働の単なる労働賃金となり,貨幣資本家が単なる資本所有者に転化し,その総利潤
 (利子プラス企業者利得)を単なる利子の形態でのみ,資本所有の報酬としてのみ受け取る。国家の介入を誘発するのは,資本主義的生産様式の内部における資本主義的生産様式の止揚,自己自身を止揚する矛盾,が,
 新たな生産形態への単なる通過点として表示する矛盾の現象における表示であるところの独占である。

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 15:48
すなわち,資本主義的生産様式の基礎の上での,私的資本にたいする社会資本,私的企業にたいする社会企業,
 私的所有にたいする社会有,等々の矛盾と同じく私的競争の直接的な対立物である独占を生みだす生産の社会化の発展が国家の介入を誘発するのである。
 生産の社会化の発展は,独占資本主義段階の特徴である。独占資本主義段階は,生産の集積が独占を生みだし,それがカルテル,シンジケート,トラストを生みだし,国際的な資本家団体の結成と
 それらによる世界市場をめぐる闘争が発展し,植民政策が独占をさらに促進し,産業資本と銀行資本の融合によって金融資本が生まれ,金融資本は金融独占資本となって金融寡頭制を生みだした段階である。

 レーニンは帝国主義を「死滅しつつある資本主義」であり,何かへの過渡である,なぜなら,その基礎には変化しつつある社会的生産関係があるからである,といっている。「大企業が巨大企業になり,
 大量の資料の精密な計算にもとづいて,第一次原料の供給を,幾千万の住民にとって必要な総量の3分の2とか4分の3とかを計画的に組織化するとき,またときには幾百あるいは幾先ヴェルスタもはなれている
 最も便利な生産地点への原料の輸送が系統的に組織されるとき,幾多の種類の完成品が得られるまでの一貫した原料加工の段階が一個の中心から管理されるとき,またこれらの生産物の分配が幾千万,
 幾億人の消費者のあいだに単一の計画にしたがっておこなわれるとき(アメリカの「石油トラスト」によるアメリカとドイツでの石油の販売)ーそのときには,われわれの目のまえにあるのはけっして単純な
 「絡みあい」ではなく,生産の社会化であること,私経済的関係と私的所有の関係は,もはやその内容にふさわしくない外皮をなすこと,そしてこの外皮は,その除去を人為的に引きのばされても,
 不可避的に腐敗せざるをえないこと,(最悪の場合に日和見主義の腫れ物の治療が長びくと)その外皮も比較的長いあいだ腐敗したままの状態にとどまりかねないが,しかしそれでもやはり不可避的に除去
 されるであろうことが,明白になるのである」(同上 164頁)。

44 :20:03/07/21 16:45
>42マルクスの、ヒルファディング、レーニンへと続く金融資本の
出現と、それが国家を支配するという考えが生まれるきっかけ
になったくだりだね。大昔に読んだんで、もう忘れていたけど。
僕の専門ではないのであまり得意ではないんだけど、近経でも、
独占が生まれた場合、それがいかに非効率か、を示した理論は
ある。独占がある場合、パレート効率性が保てないということ
ね。これはミクロの分野なので、僕は苦手。ちなみに僕の専門は
マクロの内生的経済成長論という分野。ここで、経済成長の
原動力は、人間の中に蓄積された知識、だという考え方がある。
それが生産に使われることによって、単純労働だけを考える
場合以上の生産力向上が見込め、それによって持続的な経済成
長を説明できる、というもの。これが物的資本と働きは同じだ
として、人的資本とし、モデル化している。この考え、人間自身の
労働が富の源泉だとする労働価値説に、アイディア的にはよく
似ているかもしれない。また、労働をストックとして扱って
いるのもよく似ている(通常、労働は、労働時間と人数で計る
フローとして扱う。これに対し、資本はストックの概念。)
ただ、マルクスは、労働は単純労働のみを念頭においていた
ようで、そこは違う。マルクスのいた時代、高度な労働があまり
存在しなかったから、しかたがないけどね。


45 :素人ですが:03/07/21 17:05
レギュラシオン・アプローチというのがありますね。
一般均衡を否定するところ、労使関係に重点を置くところなど
マル経的要素を感じます。日本でもマル経の方々が
研究されていると聞いた事がありますが、実際のところどうなのでしょうか。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 17:40
>45
レギュラシオンとかって近経の人研究してないよ。

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 17:44
>41
加藤氏の世代は、○経が常識として心得ておくべきでしたから。
いまの近経の研究者はほとんど○経知らないみたい。世代間ギャップがあるよね。
どうでもいいけど、近経は○経を知らない。○経は近経を知らないのは
なんとかしてよね。あなたは近経ぜんぜん知らなさソ。

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 18:40
>>41-43
“マル経はツールとしては、非常に使いづらい。”ことをヴィジュアル的にも
上手く表現してますねw

49 :1:03/07/21 21:16
やっぱ、まったりとはしませんねぇ。
もともと革命のための理論だった○経にまったりは似合わないか。

>>39
塩澤先生は○経に近いところにいたけれど、最初から○経ではなかったよ。
スラッフィアンとして○経学者が労働価値論にいつまでもこだわってることを批判していた。
今はどんな立場なのか知らないけど。

あと、○経を数理モデル化した本では、これが面白かったです。↓
私の数学知識では全部は読みこなせなかったけど。
大学では○経ではなくマクロ経済学を教えてるみたいです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873784875/qid%3D1058789687/249-3631714-1761943

50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :03/07/21 21:21
最近の株高・国債安って、経済学でどう説明しているの??
その時一時だけしか通用しない数式などで説明されるより、ジョージソロス他の
米帝の投資家たちが、日本の金融機関救済に肩を貸している、って言う方がよっぽど
分かるけどね。


51 :1:03/07/21 21:25
ついでにもひとつ。
最近読んだ宇野派の若手研究者の本にこんなのがありました。


近代経済学から学ぶ必要があるマルクス経済学の欠落

1.主観的な効用・費用と需要・供給の関係と交換の世界での効率性の考え方。
2.利潤、利子の源泉と所得範疇。
3.資本蓄積・経済成長のメカニズム。
4.一次元的な交換世界から二次元的な貨幣世界が生成する論理と「社会契約」的な
 企業組織・公共領域・慣習などの生成の論理がパラレルな方法論的個人主義(ゲーム理論)
 から展開しうるものであること。
5.自由競争原理はかなり強靱なもので社会主義・全体主義やケインズ主義によって容易に
 克服・制御しえないものであること。
6.「市場の失敗」として公共財、外部性などが考えられること。

52 :1:03/07/21 21:33
近代経済学に対して(マル経が)批判的にチェックすべき事項

1.無費用・無時間的な瞬時の交換世界と商品・貨幣が流通する市場の次元、さらには
 商人資本・産業資本の次元が平板に混同されて「市場メカニズム」が語られているということ。
2.利潤率と利子率と成長率の機会費用による同一視における「物神性」の問題。
3.資本循環における資本金と資本財の混同。資本財の使用価値-産業的発展視覚の欠如。
 所得階層分化の軽視、生産関係-上部構造-制度的秩序の変化との連動への軽視など。
4.方法論的個人主義の論理への過度の一面化。
5.自由競争原理は成長経済のもとでのみルールとして維持可能なものであることへの無知。
 ルール次第では民族主義、帝国主義、人種差別などの弱肉強食肯定論とも両立しうるもの
 であること。したがって徹底した弱者軽視の姿勢など。
6.独占、情報と市場経済の動態的関連への無理解、公共選択課程をも均衡論的にしか取り上
 げない、財政赤字の累積化などを不均衡的に取り上げてもひたすら経済主義的にしか取り上
 げないこと、など。

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 21:35
現実の現象を、マルクスの資本論の字句で説明しようとするところに、そもそも
無理がある。って、俺は宇野の本で学んだがね。
原理論 段階論 現状分析 ご存知宇野の三段階論ね。
鉄の玉と発泡スチロールの玉を同時に落下させると、もちろん鉄の玉の方が先に地面に
着地するね。 
この現象を観察して、重い物は落下速度が速いという「原理」に到達するのが近経。
一方で、さまざまな条件を捨て去って、万有引力の法則を導き出すのがマル経、だと思ってるよ。

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 21:39
1さんは、「宇野派」の学者の本は読んでも、宇野弘蔵その人の核心は知らないようですね。

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 21:48
>49
○経ではないとはいうが。近経という感じもしないんだよね。

56 :20:03/07/21 21:53
>53う〜ん。空気抵抗をかく乱要素として万有引力の法則のみを
モデル化するのが近経の理論家の仕事なんだけど・・・ただ、1さん
の指摘にもつながるんだけど、物事を出来るだけシンプルに表現
しよとするあまり、物事の見方が浅い、言ってみれば、俗っぽい
とは感じる。特に、人の行動の目的を、唯一「利己心」のみで
説明しようとするあたり、人間性への冒頭、と感じたこともある。

57 :1:03/07/21 21:57
>>54
うん?
ある本の文章を紹介しただけでなんでそんなことを言われにゃ〜あかんの?

58 :魔女 ◆BJwitch8fo :03/07/21 22:10
相対的剰余価値がよくわからない。。。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 22:19
何がかく乱要因で、何がエレメンタールなものか??
アダムスミスの時代から、物が交換される際のお互いの比率に注目していたんじゃなかったのかね??
価値論のない経済学は科学じゃないーーこれも宇野の言葉だが。

鉄と発泡スチロール、ガラス玉と木片、小石と砂袋、数年前の理論が古臭くなるほど際限の無い比較から
抽象も捨象もなく、なんとか法則を見つけ出そうとしてるのが近経だよ。

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/21 22:42
だれか <<50 について語ってみて。

61 :1:03/07/21 22:42
>>55
うん。塩澤先生はもちろん近経ではないですよ。
均衡論を使わないからマル経と近いけれども、労働価値論が無いから○経とは区別される。
近経、マル経両方を批判する立場(だった。今もそうかは知らない。)

62 :20:03/07/21 23:02
>59っていうか、近経は、限界効用価値説にもとづいて、理論を組み立て
ているわけで、価値論がないわけではない。もっとも、近経の場合、それは
あまりに常識の部類のことであり、今ではあえて議論する人もいないけど
ね。
>1多分、僕がマル経を続けていたら、塩沢さんの経済学をやりたかった
ろうな。でも、マル経は、一つの研究分野に研究している人の絶対数
が少なすぎる。僕の今の専門は、大学の教員レベルでも、世界では、
およそはっきりした数がわからないくらいの人が研究してる。数十年前
の日本なら、マル経をやるのも、よかったかもな。

63 :1:03/07/21 23:32
>>20さん
私は学部で○経をやっただけの人間ですので偉そうなことは何も言えない
のですけれど、学部時代には同じことを感じましたよ。
それで、生意気にも、ゼミの先生にかみついたりしてました。今考えると凄く
低レベルで恥ずかしいのですが。
ただ、マル経にも何となく未練があって、サラリーマンの今は「趣味」として楽しんでますw

成長理論といえば、最近、『長期経済発展の実証分析』石井菜穂子を読んで凄く面白かった
です。各国の長期経済成長を制度に着目して整理した本で、私のような外野の人間にとっても
新鮮な驚きがありました。
ただ、こういうのこそ、マル経が先にやるべきだったんじゃないのかなあ、とも思いましたけど。

64 :20:03/07/22 00:32
>1さん。そうですね。僕も大学時代は、先生の意見を、平気で批判したり
しました。でも、マル経の先生は、反骨精神みたいなものを理解し、好まし
く思ってくれる先生が多く、その先生も「お、こいつは骨がある」みたいに
みて、かわいがってくれました。でも、近経は、言ってみれば、体育会系で、
一度、先生の批判をして、大変なことになったことがありますw)それから
はおとなしくしてますが。
 その本は、読んだことはないのですが、実証系の本ですね。マクロでは
特に、理論と実証は両輪ですね。ちなみに、僕は、理論系です。

65 :20:03/07/22 00:35
大学時代というか、学部時代は、ですかね。

66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/22 06:46
>>3
大谷先生って結構有名な人なの?去年講義受けてたけど

67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/22 20:41
>>66
経済理論学会の代表幹事ですな。

68 :1:03/07/22 22:38
>>64
>でも、近経は、言ってみれば、体育会系で、 一度、先生の批判をして、
>大変なことになったことがありますw)

アハハ、怖いっすね〜
批判は一人前になってからしろ、って事ですかね。

私は学生時代に高須賀義博『マルクス経済学の解体と再生』という本に出会って
からマル経(とマル経学会)を懐疑的に見るようになりました。マル経の内部告発
とも言うべき本なんですが、「マルクス経済学の現状は『死に至る病』をしょいこんだ
老化現象の男たちが、昭和元禄の夢に酔いしれて焼酎でもあおりながら怪気炎
あるいはグチをこぼしているような様相に、わたくしには見えます」なんて書いて
あって、頗る衝撃的でした。
そんでもって、「老化現象の男」に見えたゼミの先生に食ってかかったりしたの
ですがw、大変失礼なことをしたなあ、と、今になっては思いますね。

もし将来学者になったら、研究ばっかりじゃなくて、私のようなサラリーマン
でも読める一般向けの本も書いて下さいね。
もちろん、マル経じゃなくてO.K.っすよ。

69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/22 23:10
>63
よくわかりませんが。その本○では。最近経済史は計量経済分析を
交えるそうなので、○も踏まえ計量もするというのが最近のトレンド
みたいでつ。

70 :1:03/07/23 21:29
>>69
あ、いやいや、○では全然無いです。100%近経の枠内で書かれています。
一応、実証分析の本ではありますが、実際に途上国の開発援助に携わって
きた立場から(著者は財務省の官庁エコノミスト)、」新古典派成長論や内生的
成長論の限界の指摘もしています。
最近読んだ経済書の中では抜群に面白かったので是非読んで欲しいのですが、
ちと高いんですよね・・・
(スレ違いスマソ)

71 : :03/07/23 22:13
>>54
>「宇野派」の学者の本は読んでも、宇野弘蔵その人の核心は知らないようですね。
>>59
>価値論のない経済学は科学じゃないーーこれも宇野の言葉だが。

宇野がもっとも忌み嫌っていた教条主義の臭いがプンプンとしますな。
もっとも、この場合は「マルクス教条主義」ではなく「宇野教条主義」だが。
宇野の愛弟子さん達はバンバン「宇野批判」をしてますぜ。

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/24 08:02
遅まきながら
新スレ乙です。

73 :20:03/07/24 20:29
批判をする、というより、マル経にしてほしのは、新しいアイディア、
それも、既存の概念を踏まえた上での新しいモデルをつくって
ほしい、ということ。近経では、そうして初めて認められる。サーベイ
だけで認めてくれるのは、修士レベルが限界。いつまでも過去の遺産
だけで食べていてはいけない。

74 :20:03/07/24 20:36
マル経が行き詰ったのは、マルクスが劣っていたからではなく、マルクス
があまりに偉大すぎたからだろう。マルクスが、あの時代に、あまりにも
大きな業績を残し、マル経の主要な研究をやりつくしてしまったがために、
その後継者がやることは、そのマルクスのわずかな修正や、解釈のみに
なってしまったのだろう。つまり、極めて自己完結的で、発展性に乏しい、
これが致命的だった。それに対し、近経は、不完全な人が不完全なことを
やったがために、次々とその修正が行われ、急激に発展した。それは、
今も続いている、というのが現状。

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 06:47
世界に問題があって、
解決されていない以上、
世界に偉大な人物などいない。

と言ってみる。

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 16:25
それは、言葉の遊びだよ。

77 :1:03/07/25 21:48
20さん。
いつもどうもです。

>>73
それは、おそらく今の若い研究者は多かれ少なかれ意識してると思う。
もっとも、意識してるからといっていいものが出てくるかどうかは分からないけれど、
ただ、「何か新しいものを作らなくては」という気概というか危機感というか、そうした
ものは何冊か本を読んで感じたよ。
批判は、単なる批判で終わるのであれば無意味だけど、先行世代を越えて先に進
むためにはどうしても必要でしょう。

>>74
それもあると思うけれど、昔は『資本論』が単なる経済学の古典というよりは、マルクス教
の教典のように読まれていた(らしい)ので、その影響も大きいと思う。
とにかく心頭を滅却してマルクスの教えをありがたく頂戴しないといけなくて、マルクスに
異論を唱えるとたちまちあちこちから批判される、という時代が長く続いたので、自由闊達な
研究がなかなかやりづらかったんじゃないだろうか?

78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 22:28
説明文として書かれていないのが
前近代的ですね。マルクス。


これじゃ、預言の書だって。

79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 22:36
>>78
マルクスの何読んだの?

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 22:43
>>77
解説書ならともかく資本論なんて簡単に読める本じゃないって。

81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 22:53
>>80
理解するのと、理解した上で批判するのは違うと思うが。
なんでもかんでも「それはお前の理解が足りない」では単なる教条主義。

82 ::03/07/25 23:21
>>80
私が>>77の下の方で言ったのは、例えば宇野弘蔵が独自の理論をうち
立てた時に「それはマルクスと違うから間違い」と言われたり、置塩信雄
が証明に数学を使ったら「マルクスの弁証法を使わないからダメ」と言
われたり、そういうレベルの話ね。

学部のゼミなんかでの「マルクスに対する異論」は、ちゃんと読めていない、
といった程度のレベルがほとんどなんだろうけど(かつての私も含めてw)

83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 23:24
>>81
単に読むのが大変というだけだよ。
資本論を語ってる人の大半は解説書かエンゲルスの『空想より科学へ』からの
知識じゃないかな。無論、研究者レベルは違うと信じてるけど。

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 23:27
マル系の停滞は内生的成長理論で実証できそうな気がする

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 08:08
>>83
最近では渡部昇一や小室直樹あたりの知識ではないかと。

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 08:45
マルクス経済学って、名前自体からして個人崇拝で笑える。

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 11:06
>82
マルクスなんか。読めないでちゅよ。3冊あるし、一人で読むものじゃないし。
他にやることあるしね(近経、会計、経営←これを学ばないと生きていけない)。
やっぱ、現代的にマルクスを再構成したいい本があればいいと思うけど。
漏れは富塚『経済原論』がいいかな。
でも、○学者が自分の書いた本とか、研究書とか売りつけるから(いい本が
駆逐される)講義がぐちゃぐちゃになるんだよね。ここまで○が停滞したのは
学者の怠慢も多大にあると思う。富塚さんなんかは、近経の知識あるけど、
ぜんぜんない奴の講義受けてもぜんぜん興味わきまちぇん。

88 :::03/07/26 12:00
飯田裕康さんも○経なのに.『貨幣論』や.『一般理論』に造詣が深かった。
専門はマルクスじゃなくて.『金融資本論』だったが。

89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 12:17
>>86
思想は創始者の名前がつおいてるんだよ。自然科学の単位みたいなもんさ。



90 :::03/07/26 12:43
89 でも近経をワルラス経済学.マ−シャル経済学とはいわないよ。

91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 12:47
>>90
ケインジアンっていうじゃないか。

92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 13:33
>91
最近は言わないな。ジャーナリスティックなところではいうけど。
ケインジアンなんていうと、ほとんどマクロを知らない人と
見なされる。

93 :20:03/07/26 14:13
>92 全く言わないわけではないけど、確かに、今のマクロ動学では、
ネオ−クラシカルVSケインジアンなんて構図は、今はほとんどないですね。
今は、長期の研究が中心になっているせいか、ほとんどがネオ−クラシカル
と呼ばれるモデルが採用されるようになりましたね
>77 マルクスをまるで聖書のように読むという、ナンセンスなことを
していたのは、やはりいけなかったですね。これは83さんの意見にも
関係するんですが、近経では、今更ワルラスやケインズを原書で読んだり
なんてしないですよ。その後の人が、分かりやすく噛み砕いて教科書
にしてくれて、勉強の効率を上げてくれています。ちなみに、僕も資本論
は、最後まで一応、目は通しましたが、非常に分かりづらい、という印象
があって、あれを教科書としては、とても使えないと思います。「マルクス
経済学」だからと言って、「マルクスを読まなければならない。」としていた
ら、マル経の進歩のスピードは、落ちると思います。

94 :20:03/07/26 14:19
↑意味は分かっていただけると思いますが、ちょっと、日本語として
不自然なところがありましたね。m(__)m

95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 14:53
取り敢えず、マルクス系経済論を取得したいのなら、桜井書店や大月・青木書店や
日本経済評論社などから数多く出版されているものを手に取ってみればよい。

個人的には難解で大書だが久留間鮫蔵編『マルクス経済学レキシコン』が大変重宝する。
下手な概説書などを読むよりずっと概念的にマルクスに接近できる筈だ。

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 19:15
ともかくも、現代経済=現代認識の基礎論、としての『資本論』全3部、『経済学批判要綱』を
的確に読みこなせる位のインテリジェンシティは欲しい。

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 19:54
日本語のページからインテリジェンスを検索しました。
約48,500件中1 - 50件目 ・検索にかかった時間0.23秒

日本語のページからインテリジェンシティを検索しました。
1件中1 - 1件目・ ・検索にかかった時間0.13秒

           ∧_∧____   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ___  (´∀` ) //| < TRIAL¥7,500,000.(Q14)
    <──<\⊂ へ ∩)//|||   \______________
    \.  \,>'(_)i'''i~~,,,,/
      ̄|| ̄(_) ̄~||~ ̄
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
. >>96の意図するところは何か。
   \___________________________/
A.夏厨を呼び込む釣り
B.マルクス経済学にはインテリジェンシティという専門用語がある
C.96はインテリジェンスが名詞だということを知らなかった
D.実は96=97

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 20:56
はっきり言って、盲目的に信じてなければ○経なんてやれないでしょ?
だから、○経やっている人に近経の立場から何を言っても無駄でしょ。

99 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 21:04
>>98
近経って机上の空論でしょ

100 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 21:07
>99 計量は違うと思うけど。

101 :1:03/07/26 23:26
>>87
>>93=20
全面的に同意です。
学生時代からずっと同じ事を考えてました。
ですので、>>3には『資本論』とか『賃労働と資本』とかは入れてません。

もういい加減、マル経=資本論ってのはやめた方が絶対にいいです。
これだけは不勉強な私でも確実に言えます。

102 :1:03/07/26 23:38
あと、>>3の教科書にもう一冊追加しますね。
内容が盛りだくさんで私自身がまだ読みこなせてないので、>>3にはあげなかったんですが、
マルクスからの距離という意味ではこれが一番です。
ただ、ここまできちゃうと「マル経」と言っていいのかどうかは疑問ですが。

社会経済システムの制度分析―マルクスとケインズを超えて
植村 博恭、海老塚 明、 磯谷 明徳
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815803528/qid=1059230069/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/249-3631714-1761943

著者は>>68で痛烈なマル経批判をやった高須賀義博ゼミ出身の方々です。

103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/26 23:53
社会経済システムの制度分析
海老塚 明

大幅な改訂作業中だから今年は講義資料として使用しない
と本人のシラバスに書いてあった


104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/27 00:33
>>97

C&Dとは、卑怯なり

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/27 00:36
資本の根源的備蓄がどうもよく分からない…
どういうことなんだろ。

106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/27 00:46
JSミルの『経済学原理』の中で見られる共産制に対する考え方を
マルクス経済学の考え方と比較して論述しなきゃいけない場合、
どうしたらよいのでしょう・・・?

107 :106:03/07/27 01:20
ああ申し訳ない。定期試験対策スレというのがあるようですね。
そちらに行って見ます。スレ汚しすいませんでした。

108 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/27 10:49
>>105
もっと詳しく。
どういう文脈で出てきたの?

109 :87:03/07/27 16:40
>101
同意してもらってうれしいです。
マル以外でも講義でどうしようもない本を講義で使うというか
買わせるのはどうにかしてほしい。


110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/28 02:32
近経を机上の空論とのたまう○経に3000ガウス

111 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/29 02:18
         ヽoノ 資本家
           /
          ノ)
        _| ̄|○
      _| ̄|○_| ̄|○
    _| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
  _| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○

112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/29 16:35
          ヽoノ 資本家
           /_...
          ノ)
        _| ̄|○
      _| ̄|○_| ̄|○
    _| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
  _| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○


113 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/29 16:36
          ヽoノ 共産党官僚
           /_...
          ノ)
        _| ̄|○
      _| ̄|○_| ̄|○
    _| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
  _| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○


114 :1:03/07/29 21:25
↑ワラw

115 :1:03/07/30 22:08
停滞気味なので燃料投下。スレ立てといて悪口ばっかじゃ申し訳ないんで。

>>62=20
>59っていうか、近経は、限界効用価値説にもとづいて、理論を組み立て
>ているわけで、価値論がないわけではない。

限界効用価値説はマル経的には「価値論」じゃないですね。
これで説明できるのは「価値」ではなくて「価格」。
価格を説明するだけだったら限界効用理論だけで十分だけど、これだけでは経済現象
を説明する理論としては不十分、とマル経では考える。
なぜなら、目に見える経済現象、つまり「モノとモノとの関係」の背後には、本当は「ヒト
とヒトとの関係」があるからね。近経はここまで踏み込んでないじゃないか、というわけ。
マル経側には、この「ヒトとヒトとの関係」を説明する理論が用意されている。
それが価値論(労働価値論)。

つまりマル経は「価値」と「価格」の二重の理論体系をもっていることで、近経よりもり経済
に対するより深い認識が可能である、と、マル経側では考えている。

ただ、その二つの体系の関係を巡って大昔から論争が続いていて、近年ではどうも労働
価値論側の旗色がかなり悪いみたいだけどね....

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/31 01:19
近経のことはどうでもいい?○経のこと語ってくれ。

117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/31 01:21
「?」じゃなかった、「。」

118 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/31 08:25
わけわかんね

119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/31 08:40
 労働価値説は、労働者が労働者である自己と、その労働者たる自己が行う労働とを
正当化するイデオロギーである。
 労働こそが価値の源泉、その労働を行う労働者たる我々こそが価値の唯一の創造者たるという。

 オウムは、解脱への前進こそが唯一の価値である。それに専念する我々のみが
選ばれしエリートであると考えたのと似ている。小乗仏教はみんなそうだけどね。
 アーリア民族の優越を説いたヒットラー、ナチズムも同じだ。
 王権神授説もしかり。
 要するに支配者のが支配者になる事を正当化する論理。
 まさしくプロレタリアート独裁を正当化する論理である。
 ゆえに、労働価値説とは、経済的意味よりも、政治的意味=イデオロギー
において語られるベキ。

ちなみにあんま関係ないが、創価学会の創価とは、『創造・価値』の略かな?

120 ::03/07/31 09:26
 『労働価値説』
 これは、“労働”が、市場であたかもモノやサービスと同様に取引される
資本主義に対する反逆の政治的宣言である。
 いってみれば『労働主義』というイデオロギーである。

121 ::03/07/31 10:00
資本主義・資本家主義⇒労働主義・労働者主義・・・・ねっ

122 ::03/07/31 10:04
 つまりは価値中立的な経済学説というより、思いっきり偏向した政治的イデオロギーね

123 ::03/07/31 18:13
 ようするにマルクスは政治的言説に経済的言説の衣を被せて騙り過ぎる。
余りにも欺瞞的

124 ::03/07/31 18:16
 今での日本の多くのマルクス・オタクが経済オタクではなく政治オタクであるという事も
その査証か?

125 ::03/07/31 18:20
政治オタクの経済オンチ

126 :     :03/07/31 18:22
 実際 疎外からの解放は不可

 お前等少しでも周りの現実を見れ モノとモノとに媒介されない
 人間関係はいずれ破綻をきたすぞ

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/31 18:23
http://www.vesta.dti.ne.jp/~hi-lite/sample.html
簡単に見れるぞ

128 :1:03/07/31 22:01
>>119-125
そう言われてしまってもしょうがない側面は確かに(かなり)あると思う。
ただ、私自身はマルクス主義者ではないので、そうしたイデオロギー的な見方はしてなくて、
単に社会・経済に対するいろんな見方のひとつだと思ってる。

 労働 → 生産過程  → 生産物
      (自然・機械)
     
労働を投入したら、正産物が出てくる。
そしたら、入れるものと出てくるものの間には対応関係があるだろう、って考えるのが
労働価値説。批判もたくさんあるけれど、これはこれで面白い考え方だと思うけどね。

>>126
ああ、それは私も常々考えてました。
ナマの人と人との関係って、そんなにいいもんかなあ、って。
かえって「疎外」された関係の方がいいこともあるんじゃないかなあ?
マルクス主義の人って、この辺はどう考えてるんだろう。

129 :山崎 渉:03/08/02 01:12
(^^)

130 :1:03/08/03 10:54
>>40=20さんの

>マル経は、ツールとしては、非常に使いづらい。

って言葉ですけど。
宇野弘蔵の著作を読むと、「マルクス経済学は技術的には使用しえない」と断言してますね。
「金儲けや経済政策に使えるものではない」という言葉もあります。
また、それが近経とマル経の違いだとも。
マル経全部ではないでしょうけど、少なくとも宇野は経済学をツールとして使とすることを最初
から目指していないのですから、使いづらいのは当然かも知れません。

131 :::03/08/03 13:04
130 だから使える部分だけつかうのですよ。近経と対抗軸に使わず.経済
学として中に取り込んじゃえば良い。教条的な人は反対するけれど.

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/04 16:48
フラッシュ 2003.7.29号より甜菜。

党防衛にたいする自覚をたかめ
敵のいかなる攻撃をも粉砕するために
                    一九七〇・三・二三     本部支部協議会

一、米日反動と反党売党集団の党破壊から党を防衛するために不断に革命的警戒心をたかめ、敵のいかなる動向
   もただちに部と支部(班)に報告し組織的に粉砕する。
二、党と本部の防衛、防火は、防衛隊まかせにせず、全ての勤務員がそれぞれの部にあってその任に当たる。
三,不審なものとは、いかなる交遊ももたない。旧友ということで近づいてくるスパイがある。友人との付き合
   いにも十分注意する必要がある。特に選挙、党勢拡大、カンパ活動を通じて接触するものは職業、経歴、
   住所などをよく調査し、少しでも不審なものとは接触しない。
四,支部(班)で適時に身辺調査をおこなうなど防衛問題を常に討議し、あらゆる敵の謀略と破壊活動に口実や
   「スキ」をあたえないよう相互に注意を喚起する。
五、本部の出入りは、通行証を受付に示しその確認をえる。本部内では、規定のバッジを所定の位置に正しく付
   ける。
六、本部の内部問題は、家族や友人などいかに親しい同志間でも話したりもらしたりしない。家族と防衛問題を
   話し合い家族ぐるみで防衛意識をたかめる。家族、生活問題など個人的な問題でも困難な問題は必ず部と支
   部に報告し必要な助言・援助を得て正しく解決する。
七,勤務規律を正し、出勤時間をまもる。遅刻、欠勤の場合は部の責任者に必ず報告し、勤務員の所在は常に明
   らかにしておく。
八,飲酒は原則として家でおこない、帰宅の途中や面識のないものとは飲酒しない。とくに重要なものを持って
   いるときには外では絶対に飲まない。
九,防衛上からも居住組織とはつねに連絡をとり協力関係をもつように努力する。
十,防衛上、党規律上のいかなる事故もただちに報告し、気のついたことは、淡泊に批判する習慣を確立し問題
   を早期に発見し、克服するようにする。


133 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/04 22:35
↑スレ違い

134 : :03/08/04 22:36

90円で2日間の見放題
無料動画サンプルをご覧下さい。

http://www12.brinkster.com/nelmaker/fs/index.html

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/04 22:43
教えて下さい
「マーカンチリズム」
イギリス経済史勉強してて出てきました。よくわかりません。
簡単でいいので解説お願いします

136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/04 23:00
じゅうしょうしゅぎ【重商主義】 〔mercantilism〕
16 世紀末から 18 世紀のヨーロッパで支配的であった経済政策。
世界経済の成長期にあって,保護貿易の立場に立ち,輸出産業を
育成し,貿易差額によって国富を増大させようとした近世国家の
管理経済。オランダ・フランス・イギリスなどが中心。


137 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/04 23:02
>>135
http://www.tcat.ne.jp/~eden/Hst/dic/mercantilism.html

138 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 20:25
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

139 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 20:28
                     ■■■■■■■■
                  ■■■■■■■■■■■■
                 ■■■■■■■■■■■■■■
                ■■■■■■ 〜〜 ■■■■■■
              ■■■■■■〜〜〜〜〜〜■■■■■■
             ■■■■■ 〜〜〜〜〜〜〜〜 ■■■■■
             ■■■■■   ■■〜〜■■   ■■■■■
           ■■■■■  ■■■■〜〜■■■■  ■■■■■
           ■■■■         ||          ■■■■
          ■■■■■   〓〓〓〓||〓〓〓〓   ■■■■■
          ■■■■   〓〓     ||    〓〓   ■■■■
          ■■■■        //  \\       ■■■■
          ■■■■      //( ●● )\\     ■■■■
          ■■■■    // ■■■■■■ \\   ■■■■
          ■■■■■  / ■■■■■■■■ \  ■■■■■
          ■■■■■   ■/〓〓〓〓〓〓\■   ■■■■■
          ■■■■■■ ■ /▼▼▼▼▼▼\ ■ ■■■■■■
          ■■■■■■■■■ ▼▼▼▼▼▼ ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■   ■■   ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

140 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 20:29
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
□□□□■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■□■■■□□□■■■■□□■■■■■□□□□□□
□□□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□□□
□□□■■■■□□■■■□□□■■■□□□□■■■■■■□□□□
□□□■■■□□■□□□□□□□□□■□□□□■■■■■□□□□
□□□■■■□■□□■■■■□□□□□■□□□■■■■■□□□□
□□■■■■□□□□■□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□■■■■□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□□■■■■■■□□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■■■□□□□■■□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■□■■■■■□■■□□□□□■■■■■■□□
□■■■■□□□■■□■□□□□□□■■□□□□□■■■■■□□
□■■■■□□■■□□■■■□□□□■■□□□□■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■□□□□□□□■■□■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■■■■■□□□■■■■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/06 22:58






















142 :1:03/08/06 23:56
>>131
そうですね。
経済学は道具だけじゃないかも知れないけど、道具だって大事っすよ。
そういう使える道具を一生懸命開発してきた近経にはマル経側に立つ
人も敬意を払うべきと思います。
もちろん、対抗すべきところはちゃんと対抗した方がいいけど。

それにしても、↓の本なんか読むと、新世代の人って凄いですね。
スタイルとしてはもうほとんど応用ミクロ経済学と言っていいんじゃないでしょうか。
それでいて、スピリッツはしっかりマルクスを受け継いでいるのが面白い。
ただ、旧世代にTM(Traditional Marxism)ってレッテル貼ってほとんど全否定してる
のは、どうかなあ?と思いましたけど。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4888485054/qid=1060181409/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-6104814-4533004

143 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/07 07:45
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gay/1059500391/l50
ここでも、マルクス・カールの話題が・・・。
みなさん、遊びにきてください。

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/10 00:10
↑スレ違い、ばっか。

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/10 05:17
baka

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/10 23:38
>>142
そうですね。アナリティカル・マルキシズム(アナマル)はこれまでの
マルクス系にない面白さがあります。
が、従来マルクス系は新古典派が持つ個人主義的、合理主義的偏向を批判してきたのに、
アナマル自体が個人主義的、合理主義的になってるやんけと批判がありますね。
アナマルの人たちはそんなことないと反論してるようですけど・・・


147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/12 22:53
慶應経済のスレでアナマルが流行ってるってレスを見たことがあるなあ。

148 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/12 23:17
スレ違い↑

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/13 03:09
145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :03/08/10 05:17
baka




150 :山崎 渉:03/08/15 12:48
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/18 04:20
シュワちゃんもレーニンを信奉しておりますage

152 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/18 13:42
↑マジ?

153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/18 16:41
つーか、アントニオネグリとハートの登場でレーニンの政治学の評価はあがりっぱなしでしょ

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/18 17:10
>>153
詳しく教えて

155 :1:03/08/19 22:55
ネタ切れですねえ。どうも。

ここで○経にいろいろ注文付けてますけど、実は20年前に浅田彰が『逃走論』
の中で言ってたこととほとんど変わらないんですよね。
それから○経は進歩しているのかいないのか・・・

そういや、浅田先生って、当時はゲーム理論専攻なんて著書に書いてたのに、
なんでアナマルに行かなかったんでしょうか?不思議不思議。

156 :PK:03/08/19 22:57
糞して寝ろ
馬鹿ども

157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/20 16:34
森嶋とかローマーってあなまる?

158 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/20 17:01
有井行夫を読め!!必読書だ。

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/20 17:12
穴〇出来るところって何処?

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/20 22:28
>>159

http://www.ritsumei.ac.jp/ec/~matsui/am/am_kaiin.html

161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/22 03:31
>>119
イデオロギーという言葉の用い方が政治的(イデオロギー的)ですね。

いっそのことアルチュセール派のようにイデオロギーを客観的に考えたほうがいいかも。

162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/22 03:37
>イデオロギーという言葉の用い方が政治的(イデオロギー的)ですね。

まさにこの矛盾した表現が示しているとおりですね。
つまり、それをイデオロギーだと主張する意識もまたイデオロギー的だということです。
イデオロギーというのは自分がイデオロギーだとは言わないんです。
嘘というのは嘘だとは言わないのと同じです。

むしろアルチュセールのように、イデオロギーを主体に内在する本質的原理だと主張すべきでしょう。
「人間は社会的動物であるとともに、人間はイデオロギー的動物なのです」から。

163 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/22 17:08
???マルクスは「いでおろぎー」を社会的意識諸形態、としている。
これがやはり、生産関係の物象化経済システムの産物なのである。


164 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/23 11:52
高須賀義博の『マルクス経済学研究』読んだ人いますか。
感想聞きたいのですが。

165 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 01:21
>>164
いまさら、なんで?

166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 01:52
マルクスが唱えた「現代資本主義論」、これは実にすばらしい論理だ。
しかし、現代に浸透しきった「資本主義」には最大の欠陥があった。
その欠陥のために今、世界は慢性的な経済危機に陥っている。
その欠陥とは・・・・「人間が堕落してしまう」事、である。

167 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 02:18
>>166
なんだ?

168 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 11:38
>165

古書店、図書館でも本を目にした事すらないので、
内容はどんなものかと。

『マルクス経済学の解体と再生』の中で、『資本論』の叙述
の展開を、逆から下向していくというような主張をしてたので、
『〜経済学研究』は、そのような理論を展開している本なのか、
それとも全く別物(例えば、独占資本主義等の現代資本主義
分析のみ)なのか、知りたかったんで。

169 :PK:03/08/24 11:44
19歳以下のいじめられっこ 50歳以上の全共闘オヤジのスレはここですか?

170 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 12:40
>>169
30代のサラリーマンっす。残念だったね。
世の中のことをもっと勉強した方がいいよ。
社会にはいろんな人がいるからね。頑張ってね。

>>168
う〜ん、見たこと無いなあ。
他の本の参照から判断して、宇野派批判と再生産表式に関する論文が
入ってるのは間違いないみたいだけど。
マル経に関する雑多な論文をまとめた本なんじゃないかなあ。

171 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/25 11:28
「貧乏物語」を読もう

172 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/25 11:29
baka

173 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/25 11:36

30代のサラリーマン

174 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/25 11:38
173 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :03/08/25 11:36

30代のサラリーマン


175 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/25 23:26
これだけ粘着するってことは、やっぱマル経が気になるんだろうな。


176 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/25 23:57
166=168さんへ

故高須賀先生のその本でしたら、わたしも苦労して入手しました。先生の、晩期の著作『鉄と小麦の資本主義』とは、また違った面白さがある論文集です。
それよりも、20年前に、神田の古書街で『再生産表式分析』さがしたけど、見たことなかったなあ。

177 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/26 00:00
aho

178 :PK:03/08/26 01:26
>>177
禿げしく同意!!!!!

179 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 16:54
不破哲三が『再生産と恐慌』なんていう、マル経学者顔負けの著書を三部作で出したな。
あれ、どうなんだ!?

180 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 16:58
必要の無い女性専用に抗議を!!

マクドナルド女性専用フロア(写真:町田北口店)
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/5799/akumanosu01.htm
東京上野ABAB女性専用椅子
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/5799/ababisu01.htm


181 :166=168:03/09/01 00:23
>176

返事有難うございます。
よかったら、お譲りいただけるか、若しくはお貸しいただけると
ありがたいのですが。
是非読んでみたいものです。


182 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/01 23:25
もりしまんの著作集が出るらしい。

183 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/03 23:58
>182
森嶋通夫のこと?

184 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/04 02:33
マルクス経済学・社会経済学を学ぶのに、
「経済原論」(有斐閣Sシリーズ)と「経済原論」(有斐閣ブックス)
を読もうと思っております。

初歩的な質問で悪いんですが、社会経済学とマルクス経済学はどのように異なるん
でしょうか。私の学部には「社会経済学」という科目はありますが、「マルクス経済学」
という科目はありません。経済学部は逆になっています。

185 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/04 04:59
>184

jikan no muda

aho

186 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/04 06:46
現代左翼のマルクス経済学とかいう文字列の本あるけど
あれって読んだ方いらっしゃいますか?

買おうか迷っています

187 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/04 08:08
aho

188 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/04 09:25
>>183
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/092591+/top.html


189 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/04 12:07
aho




190 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/05 18:04
>188
バラ売りするよな。当然。

>184
西部邁著『ソシオエコノミクス』(中央公論社)でも読め。
マル経でもって「経済原論」を学ぼうというのなら、
宇野弘蔵の『経済原論』(岩波全書版)でも読め。
どちらも古本屋で入手可能。

私見だけど、社会経済学と名のつくものは糞同然。
それなら、まだ近代経済学とマル経を両方やったうえで
自分独りで悩んで考える方がマシ。


191 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 08:51
>190
同感。
社会経済学はまだまだ発展途上期にあるのか、やってる輩が悪いのか、
そもそも視点が悪いのか解らないけど、とにかく厳密さに欠けるというか
いい加減という感じがする。
宇野、置塩、スラッファとかを読んで、新古典派、オストリアも学ぶほうが
いいと思う。
それか、少し復活の気配が見える経済人類学を洗いなおすとか・・・

192 :::03/09/08 11:40
179 不破は昔経済評論家の触れ込みでマルクス経済学講座の1章を権威
の学者(宇佐美誠二郎ら)と執筆している。

193 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 12:00
慶應の金子も厳密に言えば、マルクスボーイでしょう?





194 :新政党、民主労働党党首西村真一。 :03/09/08 14:01
党名に共産、社会となずけるから国民の多くが誤解するのである。中道、中立路線の政党の民主党が次の選挙で、政権とれば国民救済の政治が少しは可能になるはずだ。いや、絶対に国民重視、国民救援の政治はできるはずだ。 

195 : :03/09/08 14:12
国民のすべてが、お金持ち、いい暮らし、いい思いしたいというユートピア発想のはずが、スターリン、ポルポト、金正日という、単なる私利私欲のかたまり が、指導者だから社会主義おかしくさせたのだ。 

196 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 14:36
中央集権型共産主義じゃ駄目!
分散型共産主義だよ。道州制急げ。

197 :( =゚-゚)チンカス中学生 ◆WceRgJANc. :03/09/08 15:34
>>196

安易な地方分権は危険。
汚職に対して激しい罰則とその罰則実施性を持たせるべき。

地方議員の汚職構造は地域によっては凄まじい。国会議員の比ではない。
企業舎弟(半893)が議員になっているところがある。
長期政権の首長一族が私物化した自治体がある。

198 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 17:01
宮田著『資本の時代と社会経済学』桜井書店、がもっとも読んで的確だと言える。
きちんと「生産関係の物象化」論を押さえたうえで、論理を展開している。

199 :訂正:03/09/08 17:02
桜井書店 ×
大月書店 ○

200 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/19 12:51
分散型共産主義・・・やっぱり最近のマルクス派はそこに行き着くか・・・
アソシエーションとかなんとか言ってみたり、市場社会主義とか言ってね。


201 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/19 13:14
ナニワ金融道の青木は筋金入りのマルクス主義の方。


202 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/19 17:55
青木のマルクス主義も度が過ぎた所があるし
理想郷でしかない。
結局マルクス理論を説いているのに
資本主義で成功しているからこのままでいいと(日本が)言っていた。

あの人の本は好きだが古いマルクス主義者って事でしょうね。
現在的ではない

203 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/10 23:51

エドワード・サイード氏を悼む。
 
                         柄谷行人

 私は1990年からコロンビア大学で定期的に教えるようになった。
比較文学科において、エドワード・サイードは同僚であった。しかし、
まもなく彼は白血病になった。私は彼に会うとき、いつもこれが最後
だと思っていた。そして、そのような観点から、彼の仕事を見ていた。
ところが、重態が伝えられながら、彼はいつも奇跡的に生き延びた。
それがくりかえされるたびに、私は、案外サイードはこんなかたちで
長生きするのではないかと思うようになった。だから、予期していた
にもかかわらず、彼の死はやはり不意打ちであった。
 
 サイードの仕事が西洋におけるオリエント研究に与えた影響は絶大
である。旧来の西洋中心的な視点は根本的にくつがえされた。
その結果、たとえばアメリカにおける日本研究も決定的に変貌した
のである。それは、批評的言説が世界を変えるという、数少ない例の
一つであった。 

 しかし、彼にもどうしても変えられなかったことがある。それはパレ
スチナ問題である。今年ロサンゼルスで、彼の講演を聞いたが、単純な
事柄をほとんど涙ぐみつつ訴える感じであった。もはや気取りも精悍さ
もなかった。彼がいうのは、パレスチナのことを考えてほしい、という
ただ一つのことだ。いうまでもなく、パレスチナ問題には現代世界の諸
問題が集約されている。しかし、サイードがいなかったならば、私はそ
れを自分にとって切実な問題として受けとめることにはならなかっただ
ろう。
                         (文芸評論家)

                    -読売新聞9月27日付夕刊-


204 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/14 23:37
>176

高須賀氏の理論(と呼べるものがもしあるのであれば)
を知る最も良い著書は何でしょうか?

また、『鉄と小麦の資本主義』はどのような内容でしょうか。
この著書はまだ入手しやすいですし。


205 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/15 23:35
応用ミクロでマルクスる

206 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/20 23:22
岩井克人はマル経?

207 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/21 23:31
>206

自分じゃ近経とマル経の間をいってるつもりかもしれないが、
どちらからも相手にされてない。

まあ半端モノだ。

208 :ユーロは破綻?:03/10/22 02:02
 ユーロの破綻は、つぎに、関税などによる、
  ヨーロッパのブロック経済になっていくのだろう……

>仏に財政赤字削減を要請へ EU協定順守で欧州委

> 21日、財政赤字を国内総生産(GDP)比3%以下にするように、
>EU財政安定成長協定の順守をフランスに対し求めるように、
>財務相理事会に勧告した。
> 財務相理事会は来月4日、勧告をめぐり協議する。
 
> フランスは先月、財政赤字がGDP比3・6%となる来年度予算案を閣議了承。財政安定成長協定を02年から3年連続で破る見通しとなった。

> フランスへの勧告は、
>同じく3年連続で協定に違反する見通しのドイツへの対応にも影響しそうだ。

209 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/22 20:08
とにかく、『資本論』(訳書多数)と『経済学批判要綱』程度は抑えておいて欲しいものだな

210 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/22 21:24
22 20:08
とにかく、『資本論』(訳書多数)と『経済学批判要綱

211 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/23 09:23
1863-94 マルクス『資本論』
1910 ヒルファーディング『金融資本論』
1913 ルクセンブルグ『資本蓄積論』
1917 レーニン『帝国主義』
1928 ルービン「マルクス価値論概要」
1950-52 宇野弘蔵『経済原論』
1965 置塩信雄『資本制経済の基礎理論』
1966 バラン・スウィージー『独占資本』
1969 エマニュエル 『不等価交換』
1976 アグリエッタ 『資本主義のレギュラシオン理論』
1981 Romer Analytical Foundations of Marxian Economic Theory
1983 ボールズ・ゴードン・ワイスコフ『アメリカ衰退の経済学』

継ぎ足せよ

212 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/08 23:59
訃報:
置塩信雄さん76歳=神戸大名誉教授
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/jinji/20031109k0000m060021000c.html

213 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/09 00:19
置塩信雄・新野幸次郎「ケインズ経済学」三一書房、1957
置塩信雄「近代経済学批判」有斐閣
置塩信雄「現代資本主義と経済学」岩波書店、1986
置塩信雄「経済資本主義分析の課題」岩波書店、1980
置塩信雄「経済理論と社会主義」岩波書店、1987
置塩信雄「マルクス経済学」筑摩書房、1987
置塩信雄「蓄積論」筑摩書房、1967

214 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/09 13:37
天才置塩信雄が死んだか・・・

215 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/09 13:49
ローマーあたりを学部で講義されるようになれば少しは・・・・・。
でもたいていのマルちゃんは読めない罠。。。

216 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/19 11:23
 池田大作氏は、1928年(昭和3年)1月2日生まれ。現在75歳。お迎えは近い。
大作氏は創価学会内、公明党内であまりにも神格化、カリスマ化しているがゆえに、
大作氏の亡き後、その穴を埋められる人物はいない。
それゆえ、ヤクザの大組長の亡き後の跡目争いの用に、内部抗争が勃発、創価学会、公明党は
急速にその求心力を失い、信者数激減、公明党は国会でも地方議会でも議席数激減。
公明党はその後、消滅。

 日本共産党、社会民主党は単なる『護憲政党』であるからして、憲法改正と
同時にそのレーゾン・デートル=存在理由、を失い、消滅。

 自由民主党は政権政党である事、政権に付随する利権・金権・既得権益を
護持、拡大する事を唯一の存在理由そしている政党。
 しかし、今の小泉のような、大衆人気=愚衆人気、を勝ち取れる、そんな
トリック・スター・コイズミのアトガマはもう自民党内にはいない。
 ゆえに3年後の小泉自民総裁の任期切れ、その後の新・総理・総裁のもとでの
衆院選での自民党大幅過半数割れ、そしてその次の衆院選での自民党大幅議席減少⇒下野、と共に
自民党は大きく分裂、自由民主党は消滅する。

 自由民主党、公明党、社民党、日本共産党の消滅と共に、我が日本国の政治は
劇的に改善する。
 しかし、この、もうすでに10年以上にもわたるバブル後の日本経済の疲弊は、政治の劇的改善でも
取り繕えず、経済面での日本国の斜陽化はもう誰にも止められないのだが。
 20年遅かったな・・・・・

  ≪トリック・スター≫
(1)詐欺師。ぺてん師。手品師。
(2)神話や民話に登場し、人間に知恵や道具をもたらす一方、社会の秩序をかき乱す
  いたずら者。道化などとともに、文化を活性化させたり、社会関係を再確認
  させたりする役割を果たす。
(3)北米インディアンをはじめ、世界各地の神話やフォークロア譚に登場する、
  機略に富む超自然的存在。二項対立(創造―破壊,賢―愚など)を体現する
  両義的・媒介的性格をもつ。文化英雄とも。

217 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/25 22:20
Marxists Internet Archive http://www.marxists.org/index.htm
Writers Archive
Cross-Language Index
History Archive
Reference Archive
Subject Archive
Encyclopedia of Marxism

218 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/03 08:30
このスレまだあったんかい。
いい加減、年越そうや。

219 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 10:53
年越しage

220 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/03/18 12:36
あげ

221 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/19 19:26
経済学の真実↓
http://www21.0038.net/~gaia-as1/keiki.html
http://www21.0038.net/~gaia-as1/keiki2.html
http://www21.0038.net/~gaia-as1/watershed1.html

222 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/22 18:57
ageage

223 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/22 18:58
good

224 :ョ明:04/03/24 22:40





225 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/25 22:26
なんであげてんだ

社会経済学ってのは○なんだ,巣窟なんだ




226 :フォイエルバッハの円:04/03/26 16:10
そもそもの疑問ですが、
「資本論」もその副題は「経済学批判」であり、「経済学哲学草稿」も
その大部分は「国民経済学批判」なる論文です。
マルクスが「経済学の批判」をしたというのなら分かりますが、
「マルクス経済学を興した」という見解は如何なものでしょう?
「資本論」は人間が自己疎外し、商品化してプロレタリアート階級が形成
される過程、及び彼らが自己の非人間化を自覚し、解放されていく過程を
分析しているのであって、決して(ブルジョア)経済学の諸範疇である
利潤・労賃・地代といった次元に留まるものではなく、それらを根底から
批判したものと考えるべきと思われます(経済学哲学草稿ドイツ語版S.45
にもあるとおり、古典派経済学、ブルジョア経済学といってもいいので
しょうが、の知見は永久不変の自然法則ではなく、資本主義の意識形態に
過ぎない)。そう考えないところに、マルクスの「資本の公式」だけを
まとった俗流的見解が百花繚乱した、カウツキーやローザ・ルクセンブルク
のごとく、というのが私の理解です。

227 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/26 17:18
aho

228 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/26 20:44

数理マル経やりたいんですが、京大が一橋でいいですよね?

229 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/26 22:15


227 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/03/26 17:18
aho




230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 10:12
>数理マル経やりたいんですが、京大が一橋でいいですよね?

京大経済研の大西広がいいんじゃない?秀才だし
一橋は高須賀の弟子?の都留あたりかな


231 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 22:03
っている 完全帯域保証 専用サーバ Big-Server.com ] 30,000円/月
★ 転送量無制限タイプも新登場。
--------------------------------------------------------------------------------



232 :フォイエルバッハの円:04/03/28 02:18
下らんレスは不要

233 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/28 03:35



232 名前:フォイエルバッハの円 :04/03/28 02:18
下らんレスは不要


234 :ョ明:04/03/28 05:30



235 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/28 05:43
ここがロードス島ニダ!踊ってみるニダ!

236 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/28 09:17



235 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/03/28 05:43
ここがロードス島ニダ!踊ってみるニダ!


237 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/28 09:33
ダメダコリャ

238 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/28 11:15
一橋は吉原さんだよ。都留さんなんか目じゃないよ。
それにほかのこともいろいろ知っているしね

239 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/28 22:46
社会経済学なら西部さんのお弟子さんの松原さんが一番良いと思う。
工学部出身でマルクスに惹かれた、というのも面白いし。



240 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/29 00:34
社会経済学者って論壇が好きなの?
西部、間宮、佐伯、松原、宮本・・・
文章がうまいよね

241 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/29 00:49


239 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/03/28 22:46
社会経済学なら西部さんのお弟子さんの松原さんが一番良いと思う。
工学部出身でマルクスに惹かれた、というのも面白いし。




240 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/03/29 00:34
社会経済学者って論壇が好きなの?
西部、間宮、佐伯、松原、宮本・・・
文章がうまいよね


242 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/02 18:41
みなさん、下の理論についての意見お願いできますか。

「専門学校卒業生の経済に上限の無い理論」
(経済の上限という言葉自体に問題があることは流してください)

>842 名前:王子様 ◆6XD48Lv1aI :04/04/02 16:39
>とりあえず「じゃお前から上限がないことを説明しろよ」と突っ込まれると思うので
>経済の け も わかってない低学歴のために 金本位制とニクソンショックについて凄く簡単に説明しとくね

>昔お金は一定量の金と交換できてた
>と言うと・・・低学歴は頭が悪いので「今もお金出せば金と交換できるじゃん!」とか言われそうなので
>やっぱり少し長めに書くわ

>843 名前:王子様 ◆6XD48Lv1aI :04/04/02 16:44
>昔お金は一定量の金とは裏づけ関係にあった
>中央銀行が発行するお金(量)にはその裏づけ金と同等な量な金実物がなければならなかった
>これにより金保有量の少ない国家は必然的に経済規模がその金保有量の範囲内に縛られることになる
>つまり 経済規模の上限ってやつ?

>ニクソンショック
>まぁ、名前とおり ニクソンってやつが「もう金との交換やめるぞゴルァ!」と言ったために
>大衆「ショック〜〜〜!!!」
>みたいな感じ(w

>844 名前:王子様 ◆6XD48Lv1aI :04/04/02 16:46
>あ 言い忘れた

>金本位制を廃止することにより
>中央銀行は金の保有量に縛られない自由(量)な貨幣発行が出来るようになったため
>基本的に経済に上限は存在しない

だそうです。どう思いますか?

243 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 22:48
>>242
>>242
王子様という段階で話にならないね。色んなスレでつま弾き者の王子様のいうことを真に受けるべからず。

244 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/04 03:12
>>243
限界効用とか言っちゃえばわかった気になるけど、具体的にどう上限とすればいいのか、
暴落したらインフレで通貨切り下げたところとかでは存在しないでも正解では。
やっぱり円で所得を得る人の人数とGDPで通貨発行量の上限を決めるべきでは。
どう数式組むのかさっぱり見当付かないけど。

245 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/04 04:45
>>242
地球上の人口と資源に限りがある以上、限界は存在する。
というより、その時々の状況により、一定水準に収斂する。無限に発散することはない。

246 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/04 22:56
>>245
ですよね、でもその指摘をした結果こんな反論してますよ。

>>851
何言っちゃってんの?(w
それじゃぁ少しだけ教えてやるよ
一つとして「人口」「資源」そんな概念は持ってないの?(w
経済って絶対値で見る学問なんだねー(w
いいから次からバカにされないように、ちゃんとした基礎勉強しろよ(w
去年論破されてから進歩してねー
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓反論↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
859 :王子様 ◆6XD48Lv1aI :04/04/02 21:11
ついでに 人口?資源?

統計≠上限値

江戸時代の統計で日本の人口がX千万人居たとして それをそのまま イコール日本人口の上限か?
江戸時代の統計で日本の米生産量がXtとして それをそのまま 日本で生産できる米の上限値か?
江戸時代の経済規模を もしもGDPで統計することが可能としてその数値をXとして
そのXはそのまま経済の上限か?

もしもそれら江戸時代の統計=上限だとしたら では 今の日本はなんなんですか?


247 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/05 00:54
>>246
なぁ、この王子様とやらは中国板なんかで、ずいぶん以前から超有名なDQNコテハンで
あまりにもアホな主張を繰り返すために隔離専用スレが立ったほどの超DQN。
PC板でもシッタカを繰り返してシカトを食らっていたし、しょーもないやつ。悪いこと言わないから相手にするな。

248 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 10:41
やっぱ森嶋っていうのはすごいと思う。
業績からいえば宇沢よりははるかに上だし、
イギリス経済学がもう少し強ければ、ノーベル賞とってもおかしくなかったと思う。
それにしても最近は気が狂ったとしか思えないが。

249 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 11:31


248 名前:金持ち名無しさん、貧

250 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 11:52
  

251 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 11:54
植草教授のスカートマクルス経済学

252 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 13:50



251 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/14 11:54
植草教授のスカートマクルス

253 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 21:08
>>248
はるかに、ってことはないと思う。

254 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 21:25
>>248
>>それにしても最近は気が狂ったとしか思えないが
あれが最高だろw。ある意味。
まあさすがに森嶋御大も年には勝てないのでしょうな・・・。

255 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 21:58
労働価値説も限界効用説もどっちも無意味じゃない?
価値なんてあやふやな物を語らなくて経済学は構築できるのでは?

256 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 00:23
その意味ではブラック=ショールズ式は非常に美しい

257 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 07:38
:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/16 00:23
その意味ではブラック=ショールズ式は非常に美しい


86 KB [ 2ちゃんねるも使っている 完全帯域保証 専用サーバ Big-Server.com ] 30,000円/月
★ 転送量無制限

258 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 07:49
森嶋の最近の本は、データ不足で論理を組み立てると結論がどうなるか
良くわかるいい例だ。

259 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/19 21:18
労働価値説って循環論じゃないんですかね?
価格は労働量で決まるって言ってるのに、労働量の換算に価格を使ってますよね?

260 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/19 21:47
>>259
かな〜り昔から指摘されていました。

261 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/19 23:07
今マルクス主義を信奉してる人はその指摘にどう反論してるんですか?
共産党に聞いてみようかな?

262 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 02:45
>>259
それは、こういうことでしょう。つまり、価格=現象、価値=本質で、価値は投下労働量によって決まる。
価格は、現象なので、投機的な要因、あるいは、独占的な要因等によって上下はするのだけれども
その背後には価値がある(本質が現象を規定することから)。
つまり、価値を基準に価格が上下すると考えるべきなのでは?

263 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 03:41
>>259
だから限界生産力原理に敗れたということだな

264 :262:04/04/20 05:50
>>259
で、大事なことは、価格が労働量で決まるのではないということ。つまり、価値が労働量によって規定されるということ。そして、労働力という商品も
、基本的には他の商品と同じように決まる(若干不正確なことを言ってるが)。

265 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 08:04
何時間労働量を投下しようが、誰も必要としなければ交換価値は0なのでは?

266 :262:04/04/20 15:21
>>265
といいうより、まず、ここで前提となるのは資本主義的生産のもとでの商品なのであって、「誰も必要としない」
つまり、使用価値の無いものは商品ではない。

267 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 18:39
88 KB [ 2ちゃんねるも使っている 完全帯域保証 専用サーバ Big-Server.com ] 30,000円/月
★ 転送量無制限タイプも

268 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 22:24
労働価値説って、小さな八百屋でもいいから実際に商売をやって
みればすぐにデタラメだって分かるよね。
分業化で「疎外」された、経営についての知識が無い労働者にしか通じない戯言だ。

269 :262:04/04/21 04:08
>>268
その「小さな八百屋」が資本主義的なものなのかどうか、そういうところでさらなる論証が必要。
例えば、家族経営で、その家族が食べていける分だけ稼げればいいような場合は、資本主義的な
経営形態とはいえない。

それともう一つ。分業による、労働疎外について。問題は、資本主義的生産様式において、大部分を占める
階級である労働者が、生産過程全体の工程をこなすのではなく、そのごく一部しかこなしていないという点。
つまり、言わば機械の歯車のような存在になってしまう、ということなんですよ。そんなことになれば、
労働者はなかなか、仕事への「やりがい」だとか、「自立心」といったことを感じることは不可能なのではないでしょうか。

270 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 05:28
所有と経営の分離については?
今の資本主義ってそういう意味ではほとんどの労働者が疎外されているでしょ。
本当の意味での資本家っていうのは存在しなくなりつつある。
法人株主がほとんどを占める現在、プチブルという区分けも有効な概念かどうかも疑問。
資本家と労働者という二つの区分で考えるマル経が現状分析にあわなくなっているのも
そのあたりがフレームワーク克服できないからではないの?

271 :スターリン主義の超克:04/04/21 05:43
■生産手段の社会化とはどういうことか■

広範な社会的分業に基礎をおく大規模な社会において、生産手段の社会的共有に
基礎をおく事は可能なのか。
社会の全構成員が生産に関する決定に関与することは可能なのか。

※社会の全成員が生産に関する決定に関与する3つの経路※

@代表選出あるいは直接投票による全社会的一元的決定への関与
A企業、地域レベルにまかされた分権的決定への関与
B市場における個人的選択の表明
これらは、
@が国会、法律や誘導税制
Aが自治体の条例や従業員の会社参画
Bが市場そのもの、または消費行動や環境に配慮する世論
などをイメージしてもらえればよい。

この一元的理性と分権的理性の結合ともいうべきイメージは、ハイエクが提出した
「中央政府による単一計画の無理」という問題をクリアする手がかりとなる。

全社会は大局的な経済の方向だけをしめし、それがさまざまな下位レベルの無数の小理性によって、
弾力をもった、活力を剥ぎ取られないようなコントロールをしめしていくことができる。

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/okisio.html


272 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 11:06
>>268
経営感覚がある人にとっては、
「生産が増加すると限界費用が逓増し、価格=限界費用となる量の生産が行われる」
という方がよっぽど受け容れられないだろ。
(実際、まともな近代経済学者はこんなことを信じてはいない。学会に参加してみれば分かる)

「流通過程は価値を生まず、生産過程で作られた価値が実現するだけである」
というのがマルクスの立場。
彼は19世紀の人間であるから、社会全体を「一工場のように」計画的に運営すれば
価値実現のための流通過程は不要になり、資本主義経済においてそれに使われている
労働を生産過程に回して生産力を飛躍的に発展させられるというビジョンを持っていた。
21世紀の現在では、このような見解は誤りであることが明らかになったといってよいだろう。

労働価値説において、価値実現のための流通過程をどのように位置付けるのかは、
未だ未解決の課題である。っていうか、今そういう課題意識ってあるのか?

273 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 11:14
>>268,269
今じゃ八百屋のような家業的経営が日本共産党の主要な支持層だったりする。
こういう現象は理論的にどう解明されるのか?
「民主的経営」の研究は見たことがあるが、民主商工会とか中小企業家同友会について研究した論文って見たことがない。

274 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 11:18
>>273
単に共産党系の民主商工会やらが税務署に圧力かけてくれたりするからだろ。

275 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 11:23
>>271
国家さえ、世界資本(グローバリゼーション)のご都合に合わせて
「改革」されなければならない御時世において、
「国家 vs 市場」というのは課題意識がボケてないだろうか?

276 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 14:44


275 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/21 11:23
>>271
国家さえ、世界資本(グローバリゼーション)のご都合に合わせて

277 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 17:39
>>272
別に限界効用説がなくても近経は成り立つが、労働価値説がないと
マル経は成り立たないじゃん。

278 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 20:23
限界効用説を批判されても近経は痛くもかゆくもないし、微動だにせんからな。

279 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 00:06
最近はマル経でも「労働価値説は不要」というのがコンセンサスになりつつあるんじゃない。
マル経もようやく居眠りから覚めてきてるんだよ。

ttp://www.sakurai-shoten.com/value.htm
↑いらだつ守旧派

280 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 00:16
共産主義のせいで死んだ人間は1億人を超えるのに、まだマルクスなんて言ってるのか?
マルクスとレーニンは別とかいう言い訳は無しね。
暴力性はマルクスも変わらん。社会主義はオウム真理教よりタチが悪いよ。


281 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 00:57
>共産主義のせいで死んだ人間は1億人を超えるのに、

聖教新聞以外も読んだ方が、君の人生のためにいいと思うぞ。
それとも世界日報かい?

282 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 01:08


281 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/22 00:57
>共産主義のせいで死んだ人間は1億人を超える

283 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 01:08

281 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/22 00:57
>共産主義のせいで死んだ人間は1億人を超える


284 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 01:09
281 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/22 00:57
>共産主義のせいで死んだ人間は1億人を超える


285 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 01:11

オウム真理教,層化学会、社会主義、共産主義、ぜ〜〜〜んぶタチが悪いよ

286 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 01:16
資本主義もタチが悪い

287 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 01:20
資本主義は批判しないの?

288 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 01:39
しないよ。

俺は資本主義者だもの。

289 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 01:43
共産主義も資本主義も上の人間が得するだけ

290 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 04:54
上の人間が得するのは当たり前。問題なのは、どっちのほうが上から落ちてくるおこぼれが多いかだ。
資本主義のほうがよっぽどおこぼれが多いと思うけどな。

291 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 18:05
スターリンや毛沢東の個人的資質でおこった虐殺を除くとしても、
共産主義が富農撲滅やら何やらでかなりの人間を殺したことに変わりはないよね。


292 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 00:47
ポルポトを忘れちゃいかんぜ。国民の約四分の一、200万人近くを大虐殺した共産主義者。
新左翼の連中の中には、熱烈にポルポトを支持してたやつが大勢いた。
新左翼の連中にポルポトの虐殺の事実を伝えると、「うそだ〜、うそだ〜、うそだ〜!!」と叫ぶやつが結構いたな。

293 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 23:58
いまどき「マルクス経済学」でスターリンだの毛沢東だのポルポトだのが出てくるところが「所詮2ちゃん」。
ソ連崩壊から10年以上、引き篭もりを続けていたんだねえ。

294 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 09:18
だって、マルクス経済学自体が労働者に革命を起こさせるためのアジ経済学だよ。
マルの連中は近経のことをブルジョワ経済学って非難してたけど、
自分達が政治性で学問を歪めるから、他人も同じだと思ったんだろうな(「藁

295 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 21:38
政治的でない経済学なんてありえないだろ。
政治性を自覚できているかどうかというだけで。

296 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 22:21
4,5年前かな?マクロの講義中、不意に教授が、「え〜、このまえマル経の先生と議論したのですが・・・。
投資=貯蓄が理解できない!と30分間くらいえんえんと、くたばれブルジョア!て言われて、そりゃあ、もう・・・」
みたいな話をしていたな。マル経の影響が結構ある大学だから、爆笑、冷笑、失笑、苦笑等々、皆の反応が面白かった。

297 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 23:22
「近経は政治性を自覚してない」
ってのは近経を理解もしないで批判している証拠だな。

物理学に基礎物理学と応用物理学があるのはなぜか考えたら
そんな発言はできないと思われ。

分割すれば本質を見失うといわれれば方法論の違いだと返すしかないが、
錬金術のレベルにとどまっている人に言われたくはない罠。



298 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 23:56
今じゃ、ソ連も中国も、ブルジョア一党支配の国

299 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 00:40
>物理学に基礎物理学と応用物理学があるのはなぜか考えたら

経済学の話をしているときに物理学の話を始めるのは不可解。
現代において、経済学と物理学の両方をマスターするなど通常人には不可能。
>>297 は経済学と物理学の両方(しかも基礎物理学と応用物理学の両方)を習得した大天才か、
入門書を読んだだけで分かった気になっているド素人さん。
どっちなんだろうね〜〜

「科学史」とかの分野だと、いろんな学問の入門書を読みまくって、それであらゆる学問に精通したつもりに
なってる勘違い君をみかけるね。

300 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 00:45
経済学は研究対象が人間であり、そこには研究者自身も含まれているから、
そこに利害関係というか、政治性が絡んでこないはずがない。
要はそれをどこまで自覚し、対象化できるかどうかということが問題になる。
それに対して、物理学では研究者自身は研究対象ではないから、あえて政治性を
云々する必要はないんじゃないかな。
もちろん、経済学であっても人間と関わりがない分野は政治性もない。

301 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 00:45
>>299
ピントが外れてるね。297に言いたいことがまったく理解できないんだね。

302 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 00:54
>297に言いたいことがまったく理解できないんだね。

日本語になってないな。
「297の言いたいことが」の書き間違えだろうと推測してコメントするが、
君は「297の言いたいこと」は何だと思っているのか?

303 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 01:12
>>296
現実には財政赤字とか輸出入があるから投資=貯蓄にはならないじゃん。
「投資=貯蓄」が成り立つためには特殊な仮定が必要、ということをちゃんと説明すればいいんじゃないの。
その教授が「常に投資=貯蓄が成り立っている」と考えているのなら、その人の方がおかしい。

304 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 01:29
日本は、世界有数のマルクス大国である。
マル経の学会「経済理論学会」のメンバーは、いまだに1000人を超える。

学問的な成果の競争がなく、講座の継承による「世襲制」でポストが
配給される日本の大学は、社会主義と相性がよいのだろう。

彼らが「市場主義」に反対する理由もよくわかる。
かつて『共産党宣言』は「欧州を共産主義の亡霊が徘徊している」と述べたが、
いまだにその亡霊は日本でしぶとく生き残っているわけだ。

では冷戦の終わりとともに、マルクスの思想も死んだのだろうか。
奇妙なことに、マル経が死滅した一方で、「ポストモダン」の世界での
マルクスの影響力は、むしろ強まっているように見える。

マルクスが復権しているのは、おそらく世界が今「グローバル資本主義」
という彼の描いた未来像に近づいているからだろう。

資本主義が国境を越え、あらゆる既存の秩序を破壊してゆくことを予告した
『共産党宣言』の未来像は、19世紀には早すぎたのかもしれない。

しかしマルクスは「反グローバリズム」を唱えたりはしなかった。
彼は「資本の文明化作用」を肯定し、資本主義のネットワークが全世界に
広がり尽くした先にグローバルな未来社会を構想していたのである。

マルクスが描いた未来社会は、スターリン型社会主義のような
「生産手段の国有化」による中央集権国家ではなかった。

彼は私的所有の制限ないし廃棄を主張したが、それに代わる制度として『資本論』で
展望されたのは、「生産手段の共有にもとづく個人的所有」によって実現される
「自由な個人のアソシエーション(連合体)」だった。


305 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 01:30
この私的所有を個人的所有に変えるという議論は、
日本のマルクス主義者たちには理解できなかったため、ながく誤訳されてきたが、
両者の違いは重要である。

個人的(individuell)という言葉は
「不可分の」という意味で、通常の個人をさすと考えてよいが、
私的(privat)という言葉は、もとは「(共同体から)奪ったもの」という意味であり、
その主体は個人とは限らない(株式会社では複数の株主である)。

つまり私的所有(資本主義)では、資本家が資本を私的に独占する
ことによって労働者を間接的に支配するのに対して、
個人的所有(アソシエーション)では、労働者が生産手段をコモンズとして
社会的に共有することによって個人として自立するのである。

これは今日の言葉でいうと、「労働者自主管理」の考え方に近い。
マルクスは、弱者を救済する「大きな政府」の元祖とされることが多いが、
これも誤解である。

彼は、生産関係を変えないで流通に政府が介入して平等な社会を実現しようとする
社会民主主義政党の綱領を強く批判し、生産効率を極大化して無限の富を共有することに
よって「各人はその能力に応じて働き、各人にはその必要に応じて与える」社会を実現する
ことがコミュニズムの目標だとした(『ゴータ綱領批判』)。

いっさいの国家を廃絶することを目標とするマルクスの思想は、
むしろ究極の「小さな政府」をめざすものである。


306 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 01:31
マルクスは英国型の産業資本主義が「歴史的必然」だとは考えず、
むしろ市場と共同体が共存する多様な制度が可能だと考えていた。

米国型グローバル資本主義の限界を超える制度設計を考える上で、
マルクスはまだ多くのことを教えてくれる。

http://www.hotwired.co.jp/bitliteracy/ikeda/020925/textonly.html


307 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 01:33
ねーねー。なんでマルクスやってる人って穏やかじゃないの?
もっとまったりしよーよー

308 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 02:11
マルクス経済学は、隠されている人間対立構造を表に引きずり出すモノだからねえ。
また〜りというのは難しいかな。

309 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 02:34
>>305
>生産効率を極大化して無限の富を共有すること

これが無理なんだろうが。いつまで寝ぼけてるのかねぇ。

310 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 06:39


309 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/25 02:34
>>305
>生産効率を極大化して無限の富を共有すること

これが無理なんだろうが。いつまで

311 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 06:59
投資と貯蓄が一致するのは、そのように定義されているから

312 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 11:01
>>308
「対立構造が隠されてる」と思い込んでるだけ。
まったりやってたところに火をつけて回るのはやめてください。

313 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆fDluT3x97c :04/04/25 11:38
原典読んでいない知ったかはいますぐ人間やめれw

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1077377663/
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1077377663/
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1077377663/

あはははあはははあはははあはははあははは
あはははあはははあはははあはははあははは
あはははあはははあはははあはははあははは
あはははあはははあはははあはははあははは
あはははあはははあはははあはははあははは


314 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/25 23:29
男女惨画フェミファシズム予算は毎年9兆円も使ってまでやることなのか?
http://www.gender.go.jp/whitepaper/h15/danjyo/html/sisaku/chap03_13.html




315 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 23:46
ソ連の経済ってどういう学問に基づいて運用されてたの?

316 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 02:11
共産主義とかと労働者の利益を守ることはまた別だ。
国境を越えて労働者が団結する必要があるがな。
だから多国籍労組と言うシステムを思いついた訳だが。

317 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 14:09


315 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/26 23:46
ソ連の経済ってどういう学問に基づいて運用されてたの?


316 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/27 02:11
共産主義とかと労働者の利益を守ることはまた別だ。
国境を越えて労働者が団結する必要があるがな。
だから多国籍労組

318 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 17:41
マルクスが数学使わなかったのは数学使うと論理が滅茶苦茶なのがばれるから?

319 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 18:50
使う必要がないって書いてた

320 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 19:14


318 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/27 17:41
マルクスが数学使わなかったのは数学使うと論理が滅茶苦茶なのがばれるから?


319 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/27 18:50
使う必要がないって

321 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 19:15

318 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/27 17:41
マルクスが数学使わなかったのは数学使うと論理が滅茶苦茶なのがばれるから?


319 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/27 18:50
使う必要がないって

322 :経済素人:04/04/28 05:49
黎明期の社会主義国家=絶対王政の悪い部分を引き継いだ
1 全ての人間に階級を割り振り社会システムをがっしり。それ以外敵。
2 財産を取り上げて経済力を削いだ=他の生き方を選択する自由を取り上げた。
財力を基盤に別の生き方を提唱する勢力の出現を抑えられる。
わかりやすい例
水を取り上げられて銃を向けられたら誰も逆らえない。
秀吉の太閤検地しかり律令制しかり
活動基盤となる財産を管理することが絶対王政の基盤。
と認識している。
但し社会主義も種類が色々あり根は深くユダヤ人のコミューンのような小集団では
千年位前から成功しているものも。

初期の資本主義は資本家と労働者の間の関係が酷すぎたが今は良くなってる。
この認識は偏りすぎだろうか?

323 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆fDluT3x97c :04/04/28 18:43
    /∵∴∵∴\    
    /∵/∴∵\∵\   
   /∵<・>∴∴.<・>∵|   
   |∵∵/ ●\∵∵|    
   |∵ /三 | 三|∵ |   
   |∵ |\_|_/| ∵|   あはははははははははあはははは
    \ | \__ノ  |/   
   /.∴\___/     
  (∴∵∵∵∴∵∴ \  
 .  \∵ _∴ _ ∵∴ ヽ 
      ̄\  ̄ \\ ∴∵ヽ
       ヽ∴∵) ヽ∴∵|
       丿∴./  . ヽ∴ |
       (∵/     |∵ノ


324 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 21:10
  /∵<・>∴∴.<・>∵|   
   |∵∵/ ●\∵∵|    
   |∵ /三 | 三|∵ |   
   |∵ |\_|_/| ∵|   あはははははははははあはははは
    \ | \__ノ  |/   
   /.∴\___/     
  (∴∵∵∵∴∵∴ \  
 .  \∵ _∴ _ ∵∴ ヽ 
      ̄\  ̄ \\ ∴∵ヽ
       ヽ∴∵) ヽ∴∵|


325 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 07:01
■フェリトマン/ Grigoriy AleksandrovichFel'dman(1884―1958)旧ソ連の経済学者。
ドイツに学び、1912年モスクワの工業大学卒業。十月革命後、最高国民経済会議の協力者
となり、ついでゴスプランに招かれて長期計画立案に参加した(1923〜31)。28年の論文
「国民所得成長の理論に寄せて」で、経済成長の2部門モデルを数理的に定式化したが、
これは今日の経済成長の動態モデルの「原型」とされている。30年代の粛清をかろうじて
免れ、35年以降、追放先の北部地域で技師として働き、彼の理論も埋もれていたが、57年、
E・D・ドーマーが西側で再発掘し、ハロッド‐ドーマー・モデルに仕上げたことから、
ふたたび脚光を浴びるようになった。58年、モスクワで死去。 (C)小学館

326 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 13:53
マルキストが数理論理学をちゃんと勉強してれば、
こんな悲劇は起きなかっただろうに。

327 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 15:13


326 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/04/30 13:53
マルキストが数理論理学をちゃんと勉強してれば、
こんな悲劇は起きなかっただろうに

328 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 22:03
マジメに知りたいのですが、持ち株会社の『フィナンシャルグループ』と『ホールディングス』の違いって一体何なんでしょうか?




329 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 23:43
もう消えてなくなった学問

330 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 23:45
独立法人化とともに、マルクス経済の講座はなくなるよ
うちの大学でもそうだしさ。

331 :CCCP:04/04/30 23:53
経済理論学会

本会は1959年に設立され,2004年3月現在,約1000名の会員を擁しています。

この間,本会は,経済学(ポリティカル・エコノミー)の総合学会として,
経済学の基礎理論から現代資本主義の諸問題までの広範なテーマを多角的に
取り上げてきました。

21世紀にはいり,本会の果たすべき役割はますます大きくなっています。
若手研究者をはじめとして新しい入会者を多数お迎えし,活動を活性化して
いくために,2004年度から機関誌を年4回刊にします。

専門分野の如何を問わず,経済学(ポリティカル・エコノミー)の研究に
関わっておられる方々のご入会をお待ちし,歓迎いたします。

2004年3月  経済理論学会幹事会

332 :CCCP:04/04/30 23:54
学会の特色

経済学(ポリティカル・エコノミー)の総合学会として,
個別専門分野を超えて経済学の基礎理論から現代資本主義の諸問題までを
広く研究・討論することを目的にしています。

マルクス経済学を,現代における経済学(ポリティカル・エコノミー)の
もろもろの流れの基幹的な部分として位置づけ,その資本主義批判および経済学批判の
精神を受け継ぎます。

経済学における理論と方法の多様性を尊重し,研究の自由で創造的な発展をめざします。

社会のなかで活動する学会として,民主主義,人権,環境,平和を重んじ,
社会正義と社会進歩に貢献します。

Japan Society of Political Economyとして,共通の関心を有する世界の学会および研究者
との学術交流を進めます。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jspe/

333 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 01:36
孤高のマルキストのジョン・ローマーと、
その流れをくむ一橋の吉原先生はいい研究をしていると思う。

334 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 01:50
>>333
ローマーは良い

335 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 01:53
わったんにゃちにょ生活は、資本主義市場経済にょちくみにょにゃかで営まれとる
べだにょんぇっちゃにゃん。
やきん、市場経済にょちくみと、それにもとづく資本主義経済にょ前提、
特徴、作動様式ちにゃんやらを正確にあきらかにちておかんきゃ、
わったんにゃちはオノレにょ生活にょ基盤やそにょ特質をあんじょう理解る
こんがでけへんっちゅうこんでだにょんぇっちゃにゃん。

るんにゃからしゃぁ、何回もかんかいもこいとるんだにっちょまた、
わったんにゃちにょ周囲におきとるしゃまざまにゃ社会的、政治的にゃ
できごとや問でゃあへにょ考察も確実にゃもんとにゃりにくいんだべわだ
にょんぇっちゃにゃん。

おそがいにょ担当科目「経済原論」 I ・ II では、
こうるんにゃ課題をめぐり資本主義経済にょ基礎をじゅんぐり次ガタイ系的
に学んでゆくだにょんぇっちゃにゃん。
経済学にょ他にょ授業科目やより専門的研究領域にとって、
経済原論はつにぇに重要にゃ参照基準とにゃるちうわけやだにょんぇっちゃにゃん。
 21世紀にむけて資本主義経済は、動きにょ激ちい転換にょ時代をむかえとるべだにょんぇっちゃにゃん。

336 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 02:29
トラバントとベンツの価格の差を労働価値説で説明してくれ。


337 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 04:00
知らねぇ〜〜よ あほ

338 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 16:35
貧富の格差拡大は、文明の失敗である by夏目漱石

339 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 19:09


337 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/01 04:00
知らねぇ〜〜よ あほ


338 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/01 16:35
貧富の格差拡大は、文明の失敗である by夏目漱石




340 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 00:08
一つの社会構成は、それが生産諸力にとって十分の余地をもち、
この生産諸力がすべて発展しきるまでは、けっして没落するものではなく、
あたらしい、さらに高度の生産諸関係は、その物質的存在条件がふるい社会自体の
胎内でふ化されてしまうまでは、けっしてふるいものにとってかわることはない。

341 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 00:29


340 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/02 00:08
一つの社会構成は、それが生産諸力にとって十分の余地をもち、
この生産諸力がすべて発展しきるまでは、けっして没落するものではなく、
あたらしい、さらに高度の生産諸関係は、その物質的存在条件がふるい社会自体の


342 :262:04/05/02 10:44
>>336
トラバントって何?

343 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 11:11
>>342
旧東ドイツ(多分)の大衆車

344 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 14:53
>>336
ベンツとトラバントとの価格の比は、それぞれに対する投下労働量の比に等しい。

345 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 15:58
商品Bの肉体は商品Aの鏡となる.
同様に,人間は鏡をもって生まれてくるのでも,
われはわれであるといって生まれてくるのでもないから,
まず他の人間の中に,自分を映し出すのである.


346 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 17:20
もはやマルクスも社会主義も古い
いまや資本主義とインタゲでいい。

347 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 21:05



346 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/02 17:20
もはやマルクスも社会主義も古い
いまや資本主義とインタゲでいい。


114 KB [ 2ちゃんねるも使っている 完全帯域保証 専用サーバ Big-Server.com ] 30,000円/月
★ 転送量無制限タイプも新登場。

348 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 22:08
>>344
シャレで書いてるんだよな? マジなわけないよな。 

349 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 12:53
マジなわけねーだろ。

350 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 16:29
348 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/02 22:08
>>344
シャレで書いてるんだよな? マジなわけないよな。 


349 :金持ち

351 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 08:10
既に消えてなくなった学問

352 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 14:45
348 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/02 22:08
>>344
シャレで書いてるんだよな? マジなわけないよな。 


349 :金持ち


351 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/05 08:10
既に消えてなくなった

353 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 12:49
今やもっとも勉強する必要のある学問。
このご時世マルクス経済学・社会経済学を勉強することが
重要。
批判精神を持つことが大切なのだよ。

354 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 13:51
階級闘争を再びにぶらせようとし,その対立を調停しようとする者の手に乗ってはならない。

プロレタリアは,革命に於いて鎖の他,失うべきものを持たない。彼等が獲得するものは世界である。万国のプロレタリアよ団結せよ!










とか言ってる危ない人達が勉強する経済学なんだよねw
マルクス経済学って勇ましくてかっこいいねw

355 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 15:08
勇ましくてかっこいいマルクス経済学者なんて、滅多にいないと思われ。
学者ってプロレタリアじゃないし。

356 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 15:10
なんか354みたいな馬鹿もいるからちょっと混じれ酢するけど、

いわゆる○系のヤシの半分以上、つまり純粋に理論をやってるような一握りを除くと
大半はマルクスとかプロレタリアがなんちゃらなんて読んだことないよ。
彼らは貧乏人があーだこーだ、とか効率性だけじゃ・・・だよね、みたいな
そこだけ読めば、世間一般的にはごく普通なことを言ってる。

もちろん学問的な観点からは、なんでそう言えるの?とかどういう論証
してるの?とか?な部分は腐るほどあるし、何よりまあ近経より学習能力
的に劣った院生が巣食っているのは事実。

ただ数学しか出来ん奴より、Fランク大の福祉コミュニケーション学科とか
短大崩れなポストには受けが良いのも事実。


357 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 19:02
>>356
>いわゆる○系のヤシの半分以上、つまり純粋に理論をやってるような一握りを除くと
>大半はマルクスとかプロレタリアがなんちゃらなんて読んだことないよ。

マルクス経済学やるのに資本論とか読まないわけ?
普通は読むだろ。読んだことないと恥ずかしいから。

358 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 20:15
読んだことあるほうが恥ずかしい
117 KB [ 2ちゃんねるも使っている 完全帯域保証 専用サーバ Big-Server.com ] 30,000円/月
★ 転送量無制限タイプも新登場。

359 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 21:23
資本論ってかなり悪文じゃない?
一巻の使用価値と価値の説明からしてよくわからん。
数式使ってくれればいいのに。


360 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 22:10
>>359
当時は数式使うのは一般的じゃなかったんだよ。
資本論の前に現代の教科書読もうよ。

361 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/07 12:34
今こそマルクスを読む。
社会経済学の発展を願って。


362 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/07 13:39
漏れは古典派や歴史学派の発想にひかれるぞ。

363 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/07 13:41
>>359 資本論の出版当時は検閲制度があって、言いたいことを正直に書くことができなかった。

120 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)