2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

国際経済学について語るスレ

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 01:14
国際経済学のスレがないので立ててみました。

国際金融論、国際貿易論などを中心に語りましょう。
国際収支もね。

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 01:19

            / ,,-‐―、ヽヽヽヽ
            〔/     ))))ヾヽヽ
            /.,,,,、、 ,ヽξ\Ξ/
           / ==/  .,==-   レi!
          〔、 ,(_,、ノ( "",,ノ:: 6)  2chが止まらない     
          λ:" ‐=‐^ン ...::::: |/   2chが止まらない
           λ:::::. .::.. ::...::::::/ λ       
            \::::::::::::::// . λ、
               ̄| ̄      /~~ ̄⌒\


3 :1:03/12/07 01:30
クルーグマン・オブスフェルドはどうなんですか?
ケイブズの本しかやってないんですよ。

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 02:39
有斐閣アルマ『国際金融』
良書。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 11:20
クルーグマンも、資本投資の裏には貿易収支があると書いていたと思う。
トンデモ

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 16:31
国際経済学をやるなら一橋だよね。
あとは、阪大、慶応か。

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 16:48
灯台の院生は国立に通っているはず。
西の拠点は阪大よりは神戸じゃないか?

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 17:10
>>3
クルーグマン・オブスフェルドはいいと思うよ。
貿易も国際金融もどっちも載ってるしね。
就職するのならこれくらいで十分だと思う。
もしも、貿易やりたいならTiroleとかの産業組織をしっかりやったほうがいいけど
貿易よりも国際マクロのほうが潰しがきくのでお薦めだね。


9 ::03/12/07 17:12
オブストフェルドじゃん。
英語で読むことを薦めます。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 17:47
新星社版: クルーグマン・オブスフェルド
サイエンス者版: クルーグマン・ オブストフェルド

時々誤訳が混ざりこんでるから注意してね♪

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 00:58
いま国際経済学で一番業績あげてる人って誰なの??

12 :1:03/12/08 16:10
>>9-10
英語版ですか。読むのに時間がかかるので出来れば日本語がいいんだけど
誤訳があるのは嫌だなあ。。。
まあ、といっても時間はあるのでTRYしてみます。

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 19:35
The Companion Web Site for Krugman and Obstfeld's International Economics,
Fifth Edition, offers students web exercises, links, and additional readings.
A message board allows students and instructors to communicate with each other
http://occawlonline.pearsoned.com/bookbind/pubbooks/krugman_awl/index.html

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 20:47
最近の国際経済学は国際と名がつけば産業組織論から
戦略的貿易理論まで何でもありという

大体だな、ドメスティックで完結してる経済なんてある?

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 21:15
国際経済学は証明され過ぎていますね。

狂う愚マンさんとかいう凄い名前の学者先生もセイの法則とか日本の通産相の扱いとか苦戦されている様子。

とりあえず通貨主義とか銀行主義とかいう用語に学生さんはご注意を。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 21:18
>産業組織論から戦略的貿易理論まで

この表現で特になんでもありとは思わないが。

一般均衡から産業組織、成長論から政治経済学まで国際つけたら
なんでも国際経済学ですか?
というのなら分かるけど(笑)

17 :1:03/12/08 22:28
>>13
おお!!
素晴らしいサイトですね。こういったフォローがあると勉強しやすいです。

>>15
>とりあえず通貨主義とか銀行主義とかいう用語に学生さんはご注意を。
吉川氏や三國氏の本に本気になって手を出している学生なんていないでしょうw
俺の周りにはいないっす。

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 22:39
> 一般均衡から産業組織、成長論から政治経済学まで国際つけたら
> なんでも国際経済学ですか?

そうです。それが今の国際経済学です。
ついには社会学まで真紀子む勢いです。

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 23:40
小野善康『景気と国際金融』を読む というページから
http://www.google.co.jp/search?q=cache:4u0KxD50S_wJ:www.bekkoame.ne.jp/tw/hibana/h228_2.html+%E6%99%AF%E6%B0%97%E3%81%A8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%87%91%E8%9E%8D&hl=ja&ie=UTF-8
これはG o o g l eのhttp://www.bekkoame.ne.jp/tw/hibana/h228_2.htmlのキャッシュです。

「経常収支黒字によってフローの資金流入が続けば、その速さに応じて、対外資産ス
トックが時間を追って蓄積されていく。この資産を保有する各国の個人あるいは機関
投資家は、自分の望む資産の構成を実現するために、資産取引を行う。このとき、特
に海外の資産と自国の資産との交換に伴って、国際的な資金移動が発生する。これが、
ストックの側面での国際的な資金移動である。」p9-10 
「ストックの資産移動では、それが瞬間的にいくら巨額に上るものであっても、それ
だけで各国の資産量を変化させることはない。」「資産の流出あるいは流入というよ
りは、資産の交換あるいは持ち換えといった方が適切である。」p39
為替レートの変動が結果に過ぎない。「『落ちつくべき水準』があるのは為替レート
ではなく、国際相対価格なのである。」p60

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 23:44
経済成長参考文献
これはG o o g l eのhttp://member.nifty.ne.jp/operafan/growrefer.htmのキャッシュです。
小野善康(2000)『景気と国際金融』(岩波新書)
不況の存在を考慮に入れた二国モデルを用いたオリジナルの理論研究を、言葉だけを用いて解説
している。内容は高度であるが、よくこれだけ巧みに説明したなと感心する。一方でマンデル=
フレミング的な、高金利をめざして資本が移動するメカニズムを説きながら、他方、金利平価式
に基づき、低金利の国の通貨は増価しなければならないと論ずることによって発生する学生の混
乱を、どう整理したらよいものかと、経済学者はみな常々苦慮しているわけだが、著者は、彼の
オリジナルなモデルに基づき、整合的な説明に成功している。

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/08 23:51
国際貿易というと一般均衡だね

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/10 23:08
なぜ経常収支が黒字なら資本収支は赤字になるのか?別に海外に投資しなくてもいいよう
な気がするのですが。
回答
経常収支と(広義の)資本収支は必ず同額になります。
商品の輸出入にせよサービス取引の決済にせよ,国と国の間を実際に現金が動くことはなく,
ほとんどの場合は双方の国にある銀行口座の決済を通じて行われます。たとえば,日本から
アメリカに車を輸出したとします。車の代金を100ドルとすると,販売代金は輸出業者がア
メリカの銀行に開いている口座に振り込まれます。この場合,車の輸出は経常取引になりま
すが,それに伴う預金残高の変動は資本取引(この場合「その他投資」に計上)になる点に
注意してください。具体的には,まず車を輸出したことで貿易収支は+100になります。さら
に代金が振り込まれることで輸出者の預金,つまり対外資産が増加するのでその他投資は
−100になります。要するに,経常取引が発生すると必ず反対方向の資本取引が発生するの
で,両者を合計すると常にゼロになるわけです。
では,★上記の輸出者が輸出で得た資金を元に現地に工場を造ることを想定してみます。現地
に工場を造るための資金は預金を下ろして調達することになるので,その分彼の対外資産は
減少します。具体的にはその他投資が+100になります。一方,工場の獲得は彼の対外資産を
増加させます。具体的には直接投資が−100ということになります。この場合,預金という資
産が工場という資産に姿を変えるだけで,資本収支全体は−100のままですね。ですから,
★経常収支=資本収支という関係に変化はありません。★対外資産残高を変動させるのはあくま
で経常収支に計上される取引のみである点に注意してください。
G o o g l eのhttp://home.kanto-gakuin.ac.jp/~rtanaka/2001lec/archive/if-n/qab1018.htmlのキャッシュです

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/11 18:26
国際金融特論 三重野 康  主要参考図書
三重野康「利を見て義を思う」(2000、中央公論新社)
日本銀行金融研究所「新しい日本銀行」(2000、有斐閣
日本銀行国際収支研究会「入門国際収支」(2000、東洋経済新報社).
小野善康「景気と国際金融」(2000、岩波書店)

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/11 19:34
国際通貨基金(IMF)の「国際収支提要」第5版
Balance of Payments Compilation Guide
Date: March 15, 1995
http://www.imf.org/external/pubs/ft/bopcg/1995/bopcg.pdf

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/09 21:03
不完全特化錐について説明せよ。

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/09 22:03
>>22
でも、その工場の市場価値が増減することもあるから、長期的には(タイムスパンを置けば)
貿易黒字≠対外資産純増となる可能性もあるよね。

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 06:31
国際経済学はミクロ・マクロのいい復習になる。

28 :日本の債務は気のせい厨:04/01/22 09:43
対外債務は債権国の資産、地球内の話。だから他の星には迷惑をかけません。

29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 10:43
国際経済からノーベル賞はもう出ないだろうなあ。
狂ウ愚マンのような応用系が対象になるかどうか。

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 11:02
アメリカの経済学部生です。
いまクルーグマン、オブストフェルドつかってます。
covered interest parityの説明読んでて思ったんだけど
日本の銀行がやってる外貨預金ってほとんど意味ないんじゃないですか?
円建てでもドル建てでもリターンは一緒ですよね。
uncovered interest parity でもたいしたリターンは得られませんよね?

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 13:17
>>30
通常、UIPは成立しない。で、coveredでない外貨預金は
為替の実現値によってリターンが大きく異なる。

試しにやってみればわかるよ。というか、アメリカにいたら
実感しない?


32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 13:21
>>29
クルッグマンはかなりチャンスがあると思うけど。
IRSをうまく取り入れた貿易モデルだけでも結構いいけど、
一次世代の通貨危機モデルもあるしね。

後はグロスマン・ヘルプマンとか将来的にはオブストフェルド・ログオフも
それなりの可能性はあると思うけど。

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 13:34
>>32
IRSはクルーグマンとローマーぐらいだろうなあ。
グロヘルは新たな分野を構築したというのはちょっと違うし。

34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 00:49
IRSは対した事を言っていないのではないのか?ヘクシャオーリンで説明されつくされてしまう。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 02:09
>>34
それをいいだしたら、ネタがなくなってしまうし。


36 :30:04/04/15 07:12
>>31
ってことはUIPが成立しない時にリターンが生じるんですね。
有り難うございました。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 13:34
>>33
グロスマン・ヘルプマンのクォリティラダーも応用範囲がいろいろあるから、
おもしろい気がする。

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 17:45
>>34
産業内貿易ってHOでどうやって説明するの?


39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 18:51
>>37
あれはあまりにもモデルのためのモデルという気もするなあ。
成長論という枠でみたら、ローマー・ルーカスが上だし。
アギオンとグロスマン・ヘルプマンはどっちが先に考えたんだろう?

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 23:23
クルーグマン&オブスフェルドとケイヴズのそれぞれの特長みたいなものを教えてもらえませんか?
どっちを買うか検討中です。

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 00:31
エティエもね。

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 02:12
プロダクトサイクル系の論文でもKrugman(1979)JPEが先駆的な論文だろうな。
これは彼がイェールの修士の時の論文だね。

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 13:05
>>42
Yaleでアシスタントの時でしょ?
でもプロダクトサイクルなんてあったけ?
たんなる、JIEのIRS論文の別バージョンかと思っていたよ。

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 19:05
たしかにクルーグマンはすごいが、
これといった超大技がないような気がする。
IRSについてはイーシアの論文の方が深みがあるような・・・
まあマクファーデンのようなタイプの学者もノーベル賞とっているので、
彼は確実に受賞するとは思うのだが。

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 19:20
イシーアの論文って1982年だしクルーグマンの論文も引用されてるし、
ノーベル経済学賞って先駆的な研究が評価されるからね。
>>43
1979年のJPEの
“A Model of Innovation, Technology Transfer, and theWorld Distribution
of Income,”にはそもそもIRSは働いてない。


46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 19:32
>IRSについてはイーシアの論文の方が深みがあるような・・・

むーん、Dixit/Stiglitz(1977)が無ければEtherの一連の論文も
無かったような。使いではありますよね。いまでもまだツールになる。

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 19:55
Dixitはtool PaperとしてDixit/Stiglitz(1977)を書いたわけではなく
「IRSがあるときに、果たして最適な財の種類と量は供給されるのか」
というspecificな問題をモデル化したもので、
まさか、こんなにいろいろなことに応用されるとは思っていなかったらしい。



48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 20:28
「対称均衡なんて大嫌いだ」

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 21:00
人間の顔も左右対称。
Dixitは今は独占的競争はやっていない。ブラウン運動と政治経済学

50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 21:47
>>38
Market structureを読め。IRSなんてたいしたことないんだよ、と言っている。
賦存が大切なんだよね。

51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 21:49
それにしても不思議だね。数学すごかった国際貿易が70年代の終わりころから
幼稚な不完全競争をはじめるんだから。冗談かとおもった

52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 21:58
>>51

結局、一般均衡とともに終わった分野ということでいいですか。

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 22:31
>>46
DSモデルはツールですからねえ。基本的なアイデアはロビンソンにさかのぼるし。
やっぱりこれを現実問題にフォーマルに適用した成長論者や貿易論者の方が
経済学的には貢献したといえるのでしょう。

>>52
たしかに国際ミクロってクルーグマンを含めてかっての栄光の時代は過ぎ去ったような・・・・
クルーグマンが馬鹿にするマンデルモデルの方がはるかに実用的だし。


54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 04:18
>>53
クルーグマンはマンデルモデル支持だよ。
「マサチューセッツアベニューモデル」って言う訳本があるから
読んでみ。(もちろん、期待の要素は若干取り入れているけど。)

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 04:25
>>45
1981JPEとごっちゃになっていたよ。

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 04:42
>>54
馬鹿にするのはマンデルモデルではなくてマンデルの人格でした

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 15:59
>>56
人格はともかく、確かに最近のマンデルの論説はちょっと。。。
世界通貨構想だからねぇ。

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 18:41
そこで空間経済学ですよ。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 19:28
おしえてえらいひと

いままでの国際経済学のトピックで消えていくトピック
ってなんでしょう?サービスはネット越しに提供されちゃうし
移民も活発、動けないのは土地ぐらいなもので、一方で
正の外部性もいろいろ効きまくり。教科書のいくらかは
書き直したほうがいいんじゃないかと。

どうよ?

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 19:42
6月にマンデルさんが日本に来ますね。
オイラはサインもらいにいくよん。

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 04:53
>>59
amazonの価格の内外調査とかおもしろいかもね。

教科書の場合は理論がかなり抽象化されているから、
あまりもんだいないんじゃない。移民が増えていると
いってもしれているし。

サービスは輸送費用が高い貿易財だ(った)から、ネットで
提供できるようになったもの(新聞みたいな情報?)は輸送費用が
低下したととらえればいいんじゃない。

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 11:53
>サービスは輸送費用が高い貿易財だ(った)から

インド人に日本からリアルタイムでコンサル受けるとか、
名古屋の患者が東京の外科医に遠隔で開腹手術受けるとか
パロアルトから北陸に匂いをお届けとか

いままで無かったことがばんばん実現してるけどどうする?

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 12:50
>>62
>輸送費用が低下したととらえればいいんじゃない。

まあ、一部は依然として高コストのサービスだと思うが。

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 02:17
いくら安いったってインド人の床屋に遠隔操作で髪切ってもらうはずないしな。
それにIT化が進んでも都市への集積はますます高度化する点についてはどう考えるよ?
>62

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 21:45
>>64
びばりーひるず在住のへあでざいなに頼んで
東京でヘアカットしてもらうってのはあるかもねぇ。
遠隔操作で。

都市への集積って輸送コストや通信コストがある閾値までさがると
こんどは発散のほうへ転じるじゃないですか。
集積しなくなるかもよ。

66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 00:20
通信コストが下がって、家にいてインターネットで仕事が頼めるようになるから
これからは地方で頭脳労働の時代だとか言っていた人もいたかもしれないですが、
顔を突き合わせて、相談しながらやっていくのが仕事というもの。

67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 00:28
あったりまえじゃない?
現在の技術なら顔つき合わせたほうが交換できる情報量が多いもの♪

けどいま伝送できない情報が伝達可能になったらどうなる?
匂いだって伝送実験終了したし。

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 00:34
まあ、そんな将来になると経済問題はすべて解決しているかもよ。普通の物質から
核融合を起こしてエネルギーをとれるようになっていたり。

海外に一度は置いた工場を閉鎖して、ふたたび国内に工場をおくことにした例が
何件かあるらしい。工場でトラブルが生じた時にこれまでは飛行機で解決しに
いっていた。工場の近くに開発がないと開発はむずかしい。

伝送できない情報なんて伝達可能になるのは一部

69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 00:38
> 伝送できない情報なんて伝達可能になるのは一部

24面の鏡使った立体映像とかデバイスの小型化の進行を
考えれば装置的にはダウト。
問題はフェイクの情報を受容するかしないかという人間
サイドの認識のもんだいだね。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 00:43
そうそう、「日本語を使う」とか「日本人の暗黙のお約束」
とか、そーいったのが外国に進出するのに障壁になってるし
外国の進出を阻むバリアにもなってるね。

71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 01:59
と、いうか

>サービスは輸送費用が高い貿易財だ(った)から、ネットで
提供できるようになったもの(新聞みたいな情報?)は輸送費用が
低下したととらえればいいんじゃない。

でとりあえず解決する気が。
IT化がすすんだからって世の中そんなに変わるもんじゃない。

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 12:22
どなたか教えてください!

@日本経済の景気が良くなると、経常収支はどちらの方向(黒字or赤字)に動くでしょうか?

Aそのとき、資本収支(外貨準備増減を含む)はどちらの方向に動くでしょうか?

Bしたがって、日本経済の景気が良くなることは、国際的な資本取引の観点から考えると、どのように言えますか?

73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 13:23
分かりません

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 15:20
>>72
@日本が輸出依存型か輸出依存型でないかに依存します。
A@が判るとすぐにわかります
B日本が外国から提供される要素や生産される製品への依存度に依存します。
Cレポートは自分で考えること。

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 14:37
輸出依存度が高ければどちらの方向ですか?

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 15:14
教えてください。

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 15:28
あらゆる場合に
@赤字
A黒字
B題意不明

78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/07 02:56
くだらないレスが続いているな。重力方程式?とはどんなものなんですか?


79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/07 03:04
>>78
国際経済学のコンテキストならAERのAnderson and van Wincoopよめば?

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)