2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

保守派に散見される経済俗論

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/30 23:44
 私は保守派の考えに概ね賛成なのだが、マクロ経済学を少し
知っているので、経済に関する彼らの見解には賛同できない。
思うに、以前よりも保守派の勢力が伸張するだろう。
しかし、彼らの経済俗論まで一緒に広がってしまうと、深刻な
災いが起こるような気がしてならない。
 そこで、このスレでは、保守派の経済俗論を検討し、
どうしてそのような俗論を信ずるのか、あるいは、経済学に
対する彼らの態度を論考していきたい。

2 ::04/03/30 23:55
 例えば、保守派の重鎮、西尾幹二の経済に関する言説をいくつか
引いてみよう。
西尾幹二のインターネット日録
http://nitiroku.hp.infoseek.co.jp/ 
氏名:西尾 幹二 日:2004/03/13(Sat) 16:07 No.76
 経済が悪くなったのは、経済の構造が原因ではない。国家の根本を
正さないことが国民の気力を奪い、急変する国際情勢への不適応を
招き、経済の不況を招いたのである。原因と結果を取り違えてはなら
ない。

 標準的なマクロ経済学の考え方では、日銀が金融緩和に消極的
だったから、デフレ不況を招いた、と考えるが、西尾さんの主張は
明らかに全く異なる主張をしている。なぜ、このような考え方を
したのだろうか。

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 00:06
気力でデフレと不況を解消せよ、と。宗教ですね。


4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 01:30
西部さんは東大の経済学者だったんじゃないの?
どうなってんだろ?

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 02:39
>>2

>国家の根本を正さないこと

ここが金融政策、つまり日銀だと喝破できないものな。
戦前と同じでまた利用され、関係ないものを血祭りにするんだろ。

6 ::04/03/31 02:41
>>4
私が引用したのは、西部ではなくて西尾幹二だよ。

7 ::04/03/31 02:54
>>5
 戦前の血祭りは仕方ないよ。まだマクロ経済学が成立してないし、
日本では、経済学といえばマルクス、という時代だったのだから。
しかし、保守派がさらに伸張した場合、外資陰謀論や中国経済侵略論
が一般化して、国政に悪影響を与える可能性はある。
 それはともかく、西尾さん以外の他の反経済学の言説も
見ていくと、主流派批判の拠り所として、「人間の行為は、経済学の
決定論では捉えられない」という考えがあるように見える。
この考えに対して、どのように反論すべきかなあ。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 03:19
>>7

>経済学の決定論

とどのつまり経済学といえばマルクスやん

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 03:59
西尾ってまだ影響力あるの?宗教的保守以外からは相手にされてないような。


10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 04:00
2chのニュー速あたりの厨を大量に生み出しています。

11 ::04/03/31 20:18
>>9
 影響力はあるだろう。 『坐シテ死セズ』恒文社21で
石破防衛庁長官と対談しているし。
>>8
もっと平たく言えば、人間の経済行為は理論的に把握できるのか、
という疑念が、彼らにはあるようなのだ。

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 21:07
アンチ唯物史観ってのもあるんじゃね?
彼らのレーゾンデートルたる国家や愛国心が
経済的現実の派生物でしかないことに耐えられない。

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 21:26
渡辺昇一を何とかしてくれ。

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 09:28
>>12
そうは言っても、上部構造のダイナミズムも無視できない。

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 10:38
>>13
まあただの英語の先生っつーことで


16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 10:56
良スレだ。
「愛国者」だと思ってる人って
<国を愛する→故に日本の文化も歴史も肯定的に見る→で、政治は反共の態度をとり先ず共産党はない、社民党もない→
となると自民党を支持すべきだ→与党を支持すべきだ→与党の宰相は小泉である→
故に小泉支持が国を愛する行為のひとつだ。>
みたいな思考回路があるんでないか?


17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 11:31
>>16
何でも権力がやってることを肯定すんのが愛国精神と思ってる奴が多いな。
愛国精神っつーより隷属精神なw


18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 11:32
つか、ひきこもりウヨちゃんたちに「誇り」を与えるという
メインの仕事だけしてりゃいいのに、なんで経済にまで
口出しすんのかと…

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 12:17
>>16
真の愛国者はそうじゃないのになw

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 12:31
愛国心というより祖国愛にしたほうがよくないか?
N速とかの厨は驚くほど愛国心=小泉LOVEだからね。

「景気が良くなった」ってお題目だけで景気がよくなるなら
経済政策なんかいらねっつーの。誇りで飯がくえるかよ!


21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 12:41
上から押しつけられる「愛国心」なるものはえてして体制賛美心。
体制に異を唱える=非国民。

こういう似非愛国者を排除することこそ真の愛国心。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 13:07
2chの厨の元ネタってこのへんなの?
そりゃマクロ無視の精神論とか、
外資陰謀論とか飛び交うわけだ。

それにしても、はた迷惑な連中だ罠。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 13:07
俺はN速行かないからそこは良く知らないが、
小泉は、小さな政府、親米、規範による統治、強い軍備力を目指してるわけで
それは戦後日本の保守本流の政策に限りなく近いだろ。
だから保守=小泉LOVEなんだな。

第一国民の気力の減退による効果も経済学が考慮する所だろ。

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 13:09
まぁ管直人が総理になったら2ちゃんねらーは愛国心の元彼を批判するだろうな。

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 13:50
>>6
4だよん。
ごめん、勘違いしてたよん。
おしえてくれてサンキュウだよん。

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 14:30
>>1
日本の場合、その手の経済俗説とサプライサイダー的な言説が融合して
なんか凄いことになってる。マクロも需要もクソもない、っ感じで、
「だったら経済政策なんて全部やめちまえよ」と投げやりな気分になる。


27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 14:44
福田和也とかすげえ電波だな。つーか論壇の連中は何で経済騙りたがるの?

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 15:05
福田和也はすごいよね。そんなに通産官僚に仲良くしてもらったのが
嬉しかったのか、「通産官僚は正しい、何故なら岸信介のDNAが流れて
いるから」みたいなこと書いてあった。

経済政策以前の問題なんだよね。

29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 15:11
要するに小泉の意識ってのは、
累積債務が国民の平均貯蓄性向を上げてるから財政政策の効果が薄まってる。だから財政再建。
増税はISを左シフトさせるから歳出抑制。
規制緩和して失業率を一時的に上げて、労働需要量を相対的に下げることによって賃金低下。
それ故の、輸出主導の景気回復を目指せ。
ってことだろ。

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 15:20
>累積債務が国民の平均貯蓄性向を上げてるから
>財政政策の効果が薄まってる

その前提自体も怪しいし、だいいち、
小 泉 が そ ん な こ と 考 え て る と 思 っ て る の ?

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 15:25
上部構造=preference shock
下部構造=technological shock

だよ。すべてはRBCで説明できるんだ。

32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 15:28
>>30
さすがにそのくらいの事は考えてるだろ。
少なくとも総裁選のとき、非ケインジアン効果も言わずに、マクロ経済学の基礎の基礎を
誇らしげに語っていた高村とかよりは、経済について分かってると思うね。

33 ::04/04/01 20:06
 保守派の経済認識に歪みを与えているのは、先に挙げた「人間の行為は
因果律で決まらない」という不可知論の他に、国際政治における弱肉強食
の現実があるように思われる。つまり、国際政治での国力の凌ぎ合いという
現実から、経済も食うか食われるかの国際競争を演じている、という誤解を
生んでいるように見えるのだ。

34 ::04/04/01 20:09
例えば http://www8.tok2.com/home2/aramar88/cgi-bin/i-nikki1.cgi?page=10
Re: 日本の香港化  (八) 西尾幹二 - 2003/11/16(Sun) 12:40 No.50 /
 ここで日録感想板に10月7日にとつぜん三回書いて、そのあとハタリと
書かない高田雄二という方の書きこみを紹介してみたい。高田さんはどうい
う方か知らない。しかし、私には強烈な印象を与えた。私の感想はいっさい
付記しないで、一回づつ掲載する。
==============
/1170: 日本の「香港化」は現在進行中です /高田雄二 /H15/10/07 17:25:11
 「香港化」ですが、いろいろな示唆があると思います。中国という国は、
現在13億の人口がいて、経済成長する必要があるのですが、そのときに
真っ先に利用されているのが「香港」だと思います。実際のところ、香港
の膨大な貿易赤字のおかげで、中国は外貨を稼いでいます。対日貿易も中国
側の輸出超過なのですが、香港を加えると、なんと中国側の輸入超過になる
のです。
 これが言わんとしていることは、中国が国内を発展させるために、香港40
0万人の富が中国内陸に移動しているということです。もちろん、400万
人の富では足りません。次に中国が目標にしているのは、台湾2200万人
の富を、中国内陸部に移転することです。そして、最後に1億2000万人
の富が中国の東部に転がっているのをご存知でしょうか?
 アメリカ、特に、米民主党の考えでは、日本・台湾さえ非武装でいれば、
日本の富を中国が収奪しても干渉はしないでしょう。そして、アメリカは、
日本から収奪した富で、幾分、豊かになった中国を市場として、通商条約を
結べば、経済上はまったく不都合がありません。
 一方、1億人の日本人は13億人の中国人と富が平準化されるのですから、
日本人の生活水準はかなり落ちると思います。ここまで見越して中国にOD
A援助をしている政治家などいないでしょうね。ODAとは、中国へ進出し
た企業や商社というまったく国防意識のない組織の便宜を図るためだけのも
ので、長期戦略などありません。対中投資の社会基盤が、難癖をつけられて
没収されるとも思わずに平和なものです。すでに日本の香港化は始まって
いると見たほうがいいでしょう。
=============

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 20:34

読んでてクラクラしますた。

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 20:42
西尾幹二は以前教育問題で説得ある言説を述べるには近代経済学を
勉強しなければと思ったと、どこかで読んだ。それを別の保守系
思想家に話したらえらく驚かれたらしいが。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 20:43
だけど全く勉強しなかったわけね…

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 23:50
ホシュ言論と言っても色々ある。

ワタナベクサカ系 → 10年遅れの小さな政府(実のところ金持ち優遇したいだけ)
ニシベフクダ系 → 20年遅れの官僚マンセー規制マンセー統制経済マンセー(役人と仲いいのね)
ニシオナカニシ系 → 民族の歴史や運命、精神を強調(最低限の合理性も放棄)

39 :名無し:04/04/02 01:45
中西輝正なんかはどう?サッチャーリズムのケインジアンってありなんですか

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/02 02:51
>>34
うむ、俺にも非常に強烈な印象を与えたよ。まだ目眩がするw


41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/02 05:16
経済学的には西尾など相手にされていない。

よって、このスレ終了。

42 ::04/04/02 09:35
 西部邁の場合。http://www.tsukurukai.com/06_komin_text/komintext_index.html#
第3章 現代経済の仕組みと働き>6節>コラム
円高のプラスとマイナス/p166

 円高が進むと、輸出に関連する産業はその経営が困難になる。輸出相手国
での価格が高くなり、売れなくなるからだ。また、安価な輸入品が増えるの
で、海外の製品と競争する国内の産業も、その経営が困難となる。そのため
国内の企業は、賃金や原材料の安い国への工場の移転を積極的に進めること
になる。この結果、国内の産業が衰退する。これを産業空洞化という。逆
に、円高によって外国製品がより安く購入できることは、消費者だけではな
く、そのような製品を使用する生産者にも利益をもたらす。

 一般に、自国の通貨の価値が高くなることは、外国からより多くのものを
買うことができるという点で、国民生活を豊かにする。むしろ、自国の通貨
の価値が上昇することに応じて、高くても売れるものの生産へと産業構造を
高度化していくことが必要となる。これによって発展途上国からの輸入を増
やすことで、途上国の経済発展にもつながる。

 しかし、急激な円高の場合、このような産業の調整が困難になる。とりわ
け1980年代のなかば以降、日本経済は急激な円高にみまわれた。たとえ円高
が一時的であり、その後にすぐ円安になるとしても、いったん工場が海外に
移転すると、それを取り戻すことはできない。急激な円安もまた同様であ
り、これによって石油や原材料や食料の価格は急騰する。この点からも、政
府は急激な円高や円安をおさえ、適切な為替レートを維持するよう努めなけ
ればならない。そのためには各国間の協力も必要となる。そのような活動を
行う国際機関として国際通貨基金(IMF)がある。

43 ::04/04/02 09:47
>>42
 西尾ほどではないが、西部も微妙な誤りをしている。
例えば、第一段落の産業空洞化の下りや、第二段落の
>むしろ、自国の通貨の価値が上昇することに応じて、高くても売れるもの
の生産へと産業構造を高度化していくことが必要となる。
の下りは、問題である。前者の産業空洞化は金融政策による適切なマクロ
安定化を目指せば概ね解決できるし、後者はISバランス論から見て馬鹿げ
ている。
 しかし、私の高校の政経の教科書もこんな記述だったし、微妙な間違いは
仕方ないのかもしれない。

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/02 12:58
後者は比較優位の話からの結論じゃないの?

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/02 14:40
尊敬する西尾先生をバカにされて悔しいウヨちゃんが建てた脊髄反射スレ。
http://money2.2ch.net/test/read.cgi/eco/1080883566/l50


46 ::04/04/02 23:01
>>44
そうです。私の勘違いでした。為替レートの変動が出てくるから、
ISバランス論の議論を思い浮かべてしまったが、よく考えてみたら、
ISバランス論は資本収支・為替レート・経常収支の関係を論じるので
あって、生産と為替レートの関係の議論は比較優位でした。すいません。

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/02 23:10
>>34
うーむ。通貨が金貨・銀貨で出来ている時代の経済観だな。
百年以上遅れているんじゃないのか。

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 00:51
>>38

>小さな政府(実のところ金持ち優遇したいだけ)
↑を掲げつつ、
>官僚マンセー規制マンセー統制経済マンセー(役人と仲いいのね)
↑を実行し、
>民族の歴史や運命、精神を強調(最低限の合理性も放棄)
↑の演出も怠らない、

そんな小鼠内閣って、やっぱこの手の人達に万遍なくウケるんだろうね。




49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 03:14
>>48
西部・福田は小泉なんか大嫌いなわけだが・・・

宮崎によれば西部は戦後50年の復活・成長なんて
消え去ってもいいと思っているのにたいして、
西尾はやっぱりそれは大事なのだそうだ。

50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 18:33
円高でネオクラなんかやったら1970年代のアメリカみたいに、製造業が壊滅状態になるよ。


51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 18:56
保守ケインジアンこそ日本民族の本流だ。


52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 18:58
金融サービス業で日本人がユダヤ人に勝てるのか?


53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 19:02
ネオクラはウォール街帝国主義経済学だ。


54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 19:04
分厚い中産階級と製造業こそ、日本民族の生きる道だ。


55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 19:32
ネオクラは資本主義至上主義の宗教みたいなもんだな。

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/06 07:59
ネオクラ信奉してる政治家なんていねーよ。

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 19:30
自民党の二世議員は、表向きはどうであれ、本音は皆ネオクラ派じゃないのかな。だから小泉も竹中も安泰なんでしょ。

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 19:34
二世の連中は自分の実力不足を実はよく知ってるのさ。だからここらでネオクラやって格差をつけて、支配階級に生き残ろうとしてるのさ。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 19:38
財界も同様さ。元経済同友会の会長の牛尾治朗の息子なんて、玉川大卒だぜ。そりゃ同友会が構造改革に熱心なのわかる罠。

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 19:58
これはどうですか?

 たとえばいまのインフレ誘導が良い例です。これは本当にひどい議論だと
思います。
 長期金利は、公定歩合にインフレ期待率が加わったものですから、インフレ
になれば、長期金利も上がる。そうすれば大金を投入する企業はどんどん潰れる
に決まっています、それなのに、そういうことをいうというのは、やっぱり
何らかのバイアスがかかっているとしか思えない。このままでは長期的にアメ
リカの利益になるだけだと思います。
 超インフレになると、みんなドルを買う。アメリカは、そこを狙っている。
橋本内閣のときに、為替が完全に自由化されて、コンビニでもドルが使える
ようになった。そうするとそれを全部吸い上げられる。だから日本は基地を
貸して、財布を貸して、いま財布の底までも叩きつつある。そうなって
しまったときに、基地は残りますが、財布としての利権がなくなり、日本は
アメリカにとっての利用価値が疑問視される。(福田和也、新世界地図p194)

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 20:14
気持ち悪い連中が集まったスレだな

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:09
バブル期以降の失われた時代において、唯一失われなかった時代がある。小渕首相宮沢蔵相時代である。

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:11
ケインズをやったから、日本経済が回復したのである。

64 :複雑屈折:04/04/11 12:12
>>62
それは旧世代の残照
今後いちばん評価されない時代だ

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:14
ケインズ経済学が有効でなくなったいと言うのは、ウォール街金融コングリマリットの陰謀である。

66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:16
ケインズ、それはばら撒き抵抗勢力のばかの一つ憶えである。


67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:19
そんなことでは回復しないといってたケインズをだしにばら撒きが少な過ぎると言ってた連中が、
ばら撒いたから回復したと言い出したかw


68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:22
サッチャーの押し進めた金融自由化により、ロンドンのシティーがウォール街に乗っ取られ、イギリス産業界が完全に解体された。

69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:24
イラク戦争を見ても明らかな通り、今やイギリスはアメリカの軍事的・経済的奴隷だ。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:28
日本に於けるウォール街の3大エージェントは、福井日銀総裁・竹中金融相・榊原慶大教授である。

71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:32
榊原は民主党シャドウ財務相なので、既にウォール街は二大政党と日銀総裁を押さえていることになる。

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:36
60歳を過ぎこれといった学者としての業績もないのに、「1940年体制」の著者野口悠紀夫が今春スタンフォード大の教授に就任するのも。

73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:37
ウォール街の引きがあったからだろう。

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:40
日本版CIAを作り、日本経済界からウォール街のエージェントを一掃し、日本国民の生活を守る。

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:41
それが今保守派ケインジアンに求められているのだ。

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:43
つまりケインジアンは北米では間抜け、日本では愛国者なんだよ。

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:50
それとも日本人はウォール街帝国の臣民になりたいのか?

78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 13:04
今ケインズをやれば1ドル160円くらいになり、日本の産業界は救われ日本人の暮らしがまもられるのだ。

79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 13:07
今ネオクラをやれば更に円高になり、日本の製造業は壊滅するだろう。

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 13:21
最近一時的にせよ景気がよくなっているのは、アメリカの財政拡大の影響が大であるのに、
ケインズを否定しようとするのはなんとも無謀。

81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 16:26
アメリカで財政拡大によって需要が増え、金融緩和によってその恩恵が
日本にもたらされている。なんとも教科書どおり。


82 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/12 00:37
アメリカで効果があり日本でない理由は簡単。
ケインズは国の財政が破綻近くにまで悪化した状態を想定していないってっこと。
悪化した状態では財政支出にネガティブフィードバックがかかり、効果が減殺される。当たり前過ぎ。


83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 17:30
共同体意識の無い北米においては、ケインジアンは只の夢想家である。北米とはジャングルの法則が支配する、闘剣場である。ルールは当然弱肉強食のネオクラが相応しい。

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 17:38
ホモジニアスな農耕民族が小さな島で暮らしている日本は違う。所得分配が公平で失業者救済のケインズこそが本流であるといってるのだ。

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 17:45
何でアメ様中国様にばかり消費させるのだ?

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 17:53
4月12日の読売新聞を読むと、竹森慶大教授も福井日銀総裁の子分に趣旨変えしたみたいだ。植草早大教授もスキャンダルで追い落とされた。

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 17:59
ウォール街に逆らうものは、アメリカ国務省のジャパン・ハンドラーの指令で消されるんだよ。

88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 18:15
植草つかまって、株価、今年の最高値じゃん。

植草の奴、前科者だったのか( ´,_ゝ`)
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2004041201002787

とくだね!ではきちんとコメント、謝罪してたぞ。

とくだね! オープニング オヅラコメント(6.9MB, mpeg1)
http://metal.bbzone.net/up/uprod/source/up0070.zip

とくだね!タイムズ (18.9MB, mpeg1)
http://metal.bbzone.net/up/uprod/source/up0071.zip

ミラーマン
http://strawberry.atnifty.com/cgi/up/src/up1658.swf



89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 19:39
次に消される候補者は、森永卓郎・野口旭・リチャードクーあたりかな?さっさと福井日銀総裁にひざまつかないと、ミラーマンにされてしまうぞ。

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 19:43
植草は多分いきつけの喫茶店あたりのコーヒーにLSDでも盛られたんだろう。累犯ということは、複数回盛られたのか?

91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 19:44
東京にはスパイがうようよいるからねー。

92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 19:45
構造改革マンセー

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 15:51
>>60
なぜ、名目金利と実質金利の違いがわからないのだろうかね。最後の段落なんか
酷すぎる。

94 :死神の砂時計:04/04/18 18:34
まあ庶民から搾取しようと言う意志が私から見れば見え見えだから最期の審判を言った訳だけどな。
昭和戦後時代の中曽根まではいくらか腐敗していたとはいえ芯はまともだったよ。

95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 19:35
西村慎吾は比較的マクロにも詳しいよ。
彼が保守連中に働きかけてほしい。

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 23:30
ホームページを見てるととてもそうとは思えない

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/19 16:47
>>96
 他の保守派と比べるとマシではあるが、確かにマクロ経済学に対する理解には、
疑問符が付く。西村真悟の日本再生通信http://www.n-shingo.com/saisei/index.html
>3、経済政策の盲点
 現下の経済情勢の中で、私が残念に思うことは、大胆な経済政策の転換が与野党ともないことである。
 現在は大きなデフレ不況の中だ。デフレとは、需要が少なく消費が冷え込んでいるから起こる。したがって、デフレからの脱却は、総需要を
喚起して増やす以外にない。商品の供給能力に見合った段階まで需要を増やせば、デフレから脱却できる。小泉総理の
言う「構造改革」は、消費を冷え込ませ需要を減少させるので景気回復には絶対ならない。
 そして、今の政界は、総需要喚起政策に投入する財源を見つけることができずに、打つ手が無いとあきらめムードで、
袋小路から出ようとしない。しかし、自殺者年3万人の惨状を直視して、政治は「万策尽きた後の一手」を決断しなければならない。
つまり、財源はあるのだ。これが盲点となっていて見えないものだから、万策尽きたと思い込んでいるに過ぎない。

4、政府の持つ3つの財源
 日本政府は(他の国の政府もそうだが)、3つの財源を持っている。1は、国民から税金を徴収すること。2は、
国民から金を借りること(国債発行)。3は、政府紙幣を発行すること(紙幣発行
特権の行使)。
 日本政府は(与野党も)、1と2の手段はやり尽くしたが、3の財源調達手段があるのに目をつぶったままだ。この第3の手段は、
国民から税金を取らず借金をせずに財源を調達する手段である。この政府の紙幣発行特権行使による財源で大減税を実施するか、または、それを総需要喚起
の為に投入すれば、確実に景気は回復する。需要が増大してもデフレ下で今まで稼動していなかった供給能力が直ちに稼動して需要に応ずるので、
決してインフレにならない。
 明治維新は、太政官札の発行という新政府の「通貨発行特権行使」により成功したのだ。また、本年4月14日、東京で講演した
ノーベル経済学賞受賞者であるスティグリッツ氏(コロンビア大学教授)は、日本政府は財源調達の為に
「政府紙幣の発行」に踏み切るべきだと忠告している。

98 ::04/05/01 20:14
 すっかり停滞してしまったので、再び、保守派による経済学批判の拠り所として
の「人間の行為は、経済学の決定論では捉えられない」という考えについて
考えてみる。
 確かに経済学は決定論の形を取っている。そして、そのような決定論は、
人間の主体的な行為と矛盾するように見える。しかし、私は経済学と人間の主体性
は矛盾しないと考える。以下にその三つの根拠を挙げる。
(1)研究領域外の主体性
 まず、当然だが、経済学は、「経済行為に関する現象」という研究領域以外に
ついては、なんら決定論を置いていない。このような研究領域外、例えばどような
政治思想を持つか、という領域については、当然に人間の主体性が存在する。
(2)外生変数としての主体性
 例えば、消費者理論の無差別曲線分析に対して、消費行動という主体的な行為
を理論化するのはおかしいという批判がある。確かに、無差別曲線と予選制約との
接点で消費点が決定されるという命題は、不当な決定論に見える。しかし、無差別
曲線が具体的にどのような形になるかは外生変数であり、その外生変数は人間の
主体性によって決まるものである。
(3)仮定と異なる主体的な行為の例外性
 先の議論において、人間の主体性によって決まった無差別曲線が、凸性の仮定や
単調性の仮定を満たさない、という場合があるかもしれない。しかし、そのような
仮定と異なる主体的な行為は例外的なものであり、経済学の正しさを崩すものでは
ない。

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)