2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もの凄い勢いで誰かが質問に答えるスレ パート3

1 :keizai:04/04/12 04:33
●もの凄い勢いで誰かが質問に答えるスレ パート2
http://money2.2ch.net/test/read.cgi/eco/1061937784/l50

パート1は何処にあるのか分かりません。

●小手犯を使わない方で、質問・議論を続ける場合、二回目以降の書き込みの際は、
 最初に書き込んだ番号を記入して下さい。

●マルチポスト、雑談、ネタ、嘘レスは厳禁。レスにはお礼を

2 :keizai:04/04/12 04:34
宜しくお願い致します。

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/12 06:54
最近こういう経済のことに興味が出てきたのですが、
円安から円高(その逆も)に移行する理由としてどんな要因があるのでしょうか?


4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/12 09:52
海外投資家の日本株に対する評価。
日本株の決済は日本円で行うため、海外投資家の投資が活発化すると
円買いが進み円高となる。逆に日本株が売られると円も売られて円安に。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/12 10:49
今、貨幣経済論・貨幣論のレポートを書いていて、
教科書・ネットで調べても今一つ金属主義について解りません。
金属主義学説について教えて下さい。
貨幣論学説の中で一番最初にアリストテレスが考えた学説なのですか??

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 15:33
ところでこの株価上昇局面になっても日本の機関投資家は
持ち合い解消、代行返上の売りを続けてますが、どうしてですか?
株価が上がりそうなら持ってた方が得なように思えますが?
放出した株を外国人投資家が買ってぼろ儲けしてる気がするんですが?
気のせいでしょうか?
アメリカと竹中の圧力ですか?


7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 15:36
我が国も06年度3月から、減損会計を導入するそうなんですが
この導入が経済に及ぼす影響に付いてご教授願えませんか?
伊藤忠商事なんかは前倒しして処理するみたいなんですが
体力のない中小企業は苦しいんじゃ無いかと。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 18:05
>>6
とりあえず利食いでしょう。

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 19:11
戦前日本が台湾朝鮮を支配していた時
現地の通貨は現地の銀行(台湾銀行など)で発行していましたが
日本と行き来する時はどうしていたのでしょう。
両替?それともそのまま通用した?

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 19:18
債券と金利の関係

金利が上昇すると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がる

http://www.findai.com/kouza/107fin.html

・・・と記述されているが、
債券価格が下がると金利は上昇し、債券価格が上がると金利は下がると言ったほうが
的確だと思います。皆さんはどう思いますか?

一般的に、株価の上昇で株に投資したほうが利益を得る場合は
債券が売られ、株に資金が向かうと思います。債券と株を行き来してる?
素朴な疑問ですが、銀行の預金金利が良い場合、機関投資家は債券を売って
銀行に預金したりすることはあるのでしょうか?
今の日本は低金利なので、そのような事はないでしょうが。

誰か教えて下さい。

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 22:28
金属主義によれば、貨幣はもっとも広く一般的に受領される商品となる。この結果、貨幣
は他の商品と同じく、それ自体が素材価値をもたなくてはならない。すなわち、商品と貨
幣との交換過程において、貨幣はそれ自身が価値ある商品としてそれ自体価値ある商品と
交換されることとなる。かくて貨幣の本質は価値をもった素材に求められ、貨幣は商品あ
るいは価値ある財貨、とくに貴金属でなくてはならないと考える。この理論に従えば、素
材価値をもたない貨幣の存在は認められないから、紙幣は貨幣たりえぬこととなる。紙幣
が流通している場合でも、それが政府紙幣を意味している限り、流通手段としての貨幣の
機能から生じた価値章標である。つまり紙幣は貨幣の使用を節約する代用物にすぎないこ
ととなる。 金属主義においては、貨幣がそれ自身一つの商品として価値をもっているこ
とから、価値尺度として他の商品の価値を測定しうる機能を果たしうるものと説明されて
いる。そこで貨幣の本質的機能を価値尺度に求め、そこから流通手段、価値保蔵、支払い
手段、世界貨幣といった諸機能を導いてくるのである。この学説は、イギリスの古典派経
済学やマルクス経済学によって展開されてきた。マルクスによって労働価値説に立脚した
貨幣学説として確立されるに至った。これは商品学説ともいわれている。

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 22:29
これに対して名目主義では、金属主義の主張する素材価値たる商品性による一般的価値尺
度機能を否定して、貨幣の本質を抽象的機能――一般的交換ないし流通手段――に求める。
名目主義の立場をとる代表的学説にF・クナップの国定学説がある。貨幣は素材には関係
なく国家の法制だけによって通用力を有するとし、貨幣の本質を流通手段に求めるのがこ
れである。20世紀前半を代表する近代経済学者ケインズも、『貨幣論』(1930)において
名目主義の立場にたって、貨幣を単なる購買手段の機能をもつものと考えて、計算貨幣と
いう概念を使っている。ケインズの計算貨幣は、債務、諸価格、一般購買力がそれにおい
て表現されるもので、金属主義でいう価値尺度としての貨幣の機能に相当するものである。
(C)小学館

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 02:54
>>10
どちらから説明しても同じことだよ。
コインの裏表。

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 06:15
>>7
中小企業は、らち外

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 10:13
素人質問ですがよろしくお願いします。
うちの会社はもともと88.8%の株式を親会社が保有していましたが、
この度株式交換で親会社の出資比率が100%になりました。
これにより、何か大きな変化はあるのでしょうか?
一従業員なんですが不安なので・・・。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 23:20
>>3
(貿易財)購買力平価、経常収支、累積経常収支、金利差、インフレ格差等の
トレンドの変化。今日は、米国の金利上昇を見込んでドル高円安。

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 00:18
>>14
それはどう言う事でしょうか?
減損会計のラチ外と言う事なのか
それとも日本の9割を占める中小が見捨てられたって事なんでしょうか?

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 00:29
大きな視点で見ると、
消費税up=インフレじゃないかと思うのですが違いますか?

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 00:33
>>17
横レスだけど、減損会計ってのは、株式公開している企業の、
ディスクロージャー用の財務諸表で行うもの。

税務申告用の法人税申告書には関係が無い。減損会計導入
されたら税収減っちゃうからね。


そして、中小企業は株式公開していない。

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 00:33
>>18
違います。

消費者サイドから見るとインフレですが、生産者サイドから見るとデフレになります。

21 :魔女 ◆BJwitch8fo :04/04/15 18:46
>>18
インフレは「一定期間生ずる一般物価水準の継続的な上昇」ですよん。


22 :10:04/04/15 22:15
一般的に、株価の上昇で株に投資したほうが利益を得る場合は
債券が売られ、株に資金が向かうと思います。債券と株を行き来してる?
素朴な疑問ですが、銀行の預金金利が良い場合、機関投資家は債券を売って
銀行に預金したりすることはあるのでしょうか?
今の日本は低金利なので、そのような事はないでしょうが。

再度貼ります。誰か教えて下さい。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 23:02
>>22
株価と債券は、天秤、シーソー、片方が上がればもう一方が下がる。
昨年6月頃、米ヘッジファンドは、日本国債を空売りし、株を買って大儲け。
預金金利は、流動性、諸経費から債券の金利より低いから、、



24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 01:10
>>22
様々な金利は裁定される。
裁定というのは、全く同じ値になるという事ではなく、
流動性プレミアム、直先スプレッド、リスクプレミアム
その他諸々のスプレッドを間に挟んでいる。

預金は、債権または貸し出しに回るが、貸し出しは
流動性が極端に低い債権とみなす事ができる。


株式はリスク資産、債権は安全資産であり、投資家
は、株式と債権でポートフォリオを組む。よって、株式
への出資比率を上げれば債権の出資比率は下がり、
金利は上昇する。


25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 03:15
藤井昇っていう経済評論家?って世間的にどういう評価ですか?
昔本読んだことがあって、近頃yahooとかで検索してみたら全然ヒット数が
少ないし、本も出してないみたい。
多国籍企業について行けみたいな論旨だったっけ。
予測外しまくって終わっちゃった人なんだろうか。
知ってる方いたら何か教えてください。

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 03:48
今回のイラク人質事件で日経平均が急落したらしいですが、なぜでしょうか?
イラク人質事件とどう繋がってるのか理解出来ない。

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 20:22
>>26
そろそろ何かニュースがあったら売ろうと思っていた人が多かったんでしょ。

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 20:34
>>26
政局の不安定に夜構造改革の遅れ

29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 00:13
UFJ 1兆円規模の不良債権 part1
15 :  :04/04/17 12:06 ID:vwmZu4Zw
ケケ中ショックでうんこ35万円から8万円に暴落  → −77%
寺西が700億円の黒字と2500円の復配発表
17万円まで戻す                    → +112%
3月決算で6000億円の赤字と無配継続発表
うんこ再び8万円                    → −52%
ソブリン筆頭株主発覚
うんこ連日の上げで58万円             → +625%
日経が二重帳簿報道
うんこ40万円                      → −31%
GSがうんこ目標109万円
うんこ78万円                      → +95%

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 00:13
イラン人質との関係は、偶然、こじつけ。
弱気派の武者が転向して参加者全員が強気になり天井圏。
米国の金利引き上げ観測から、円安に振れるタイミングで
株価先物をゴールドマンソックスGSが操作して、株価をつりあげ
はしごを外して急落。個人は大損。昨年10月と同じ。
日本株は、ゴールドマンソックスが本尊の仕手株。(株板読)

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 16:51
>>17
減損会計導入は、日本の上場企業を安く買収したい、
ウォールストリートの意向によるもの。

32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 21:48
http://j2k.naver.com/j2k.php/japan/news.naver.com/news_read.php?oldid=200403240000218539015
我が国の 購買力 基準 賃金が アメリカを 越した のは 今度が 初めてだ.
このように 2003年にも 韓国 勤労者の 賃金が 険しく 上昇しながら
韓国は アメリカは 勿論 日本(2万9,975ドル), イギリス(3万947ドル), フランス(2万4,394ドル)など
主要 先進国を 追い抜いて OECD 30犬 会員国 の中 8番目に 賃金 スズンイノブは 国が いい.

これ、すんごい臭いんですが、どうなんでしょう?
解説お願いします

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/18 22:44
今日10分1000円の肩もみやってもらいながらふと思ったんですが、
無形サービスってお客の数の把握なんて第三者はできないから、
その気になれば、ちょっとくらい所得ごまかして脱税できるんじゃないでしょうか。
従業員やとってなくて、一人でやってるところとかは特に。
また、それを防ぐことはどの程度、可能なのでしょうか。

34 :10:04/04/19 18:48
>>23 >>24
ありがとございます。
株と債券を行ったり来たりしてるのですね。
銀行の金利は一定期間預けた金利であり、債券の金利は、表面の金利はともかく、
価格の上下による実質金利である。
流動性を考えると、預金は得ではないと言うことですね。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/19 20:29
よく、「勝組」とか「負組」とかといって人や団体(集団)に、
レッテル張りすること(や人)が見られるが、おかしい風潮
で、なにかしら危険なものも感じるが、どう。
意見、キボンヌ。


36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/19 22:47
>>32
韓国は、食料、交通機関も含め公共料金等は、税金を投入して安くしている
らしい。肉はアメリカ等輸入肉。土曜日は働く。若者の国だから、年金掛け金、
医療保険が安い。統計の取り方よっては購買力はあるのかも。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 01:04
>>36
日本は週の労働時間を制限しだしてから、購買力落ちまくりだよね。

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 01:05
>>35
同感です。

というか、マクロ経済学をきちっと学んでいる人は、
そういうレッテル貼りには興味が無いですね。

39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 01:39
>>34
金利の理解に関してはなんとなく怪しい雰囲気ですが、概ねその理解でOKかと。
「実質金利」という用語は、テクニカルタームで、実質金利=名目金利−インフレ率
と決まっているので、実質金利という言葉は使わない方が良いと思います。

それと、預金と言っても色々あります。普通預金は、流動性が高い分、金利は低め
です。というか、基本的な金利に近いです。定期預金はその逆で、満期が長いほど
流動性が低下しますので、流動性プレミアムの分だけ金利が高めになり、その上で、
さらに満期が長いものほど、満期までのインフレ率で損をしないように期待インフレ率
が加算されます。

また、債権と預金という切り口ではなく、債権は主に企業が自社の資金調達手段として
発行するので「相手が決まっている」、預金は銀行という仲介者が介在するので、相手
先毎のリスクは平均化されると考えてください。また、預金は預金保険機構を通じて保護
されていますので、安全度合いが高く、リスクプレミアムがほぼ0と考えて良いでしょう。
ちなみに、債権でも、国債は国が相手先ですので、全国民・全企業相手の債権投資と
なる超安全資産です。

こういった事を理解したうえで、個々の債権・預金には、満期の違いがあって、その結果、
出資者の流動性選好度合いと、インフレ率の予想に応じて、プラスαの金利がついている
と考えてください。すなわち、今市場参加者全体の綱引きで決まっている金利が、出資者
の流動性選考の度合いや、インフレ率の予想を通じて、自分にとって有利か不利かを判断
しているという事です。

市場全体の総意で金利が決まりますが、個々の金融商品はそれぞれに特徴があります
ので、それに応じて出資者が、自分にとってはこちらが有利、自分の予想ではこれは安すぎ
るなどと、思う事で個々の商品の損得が決まってきますので、あなたにとっての得と僕に
とっての得は、恐らく一緒にはならないでしょう。また、将来の予想は現実になってみないと
得だったのか損だったのか、わかりません。というわけで、一概に損得は言えないという
事でご理解ください。

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 01:43
>>39 補足

例えば、将来のインフレ率の予想を経済予想屋のAさんが立てたとします。
経済予想屋というのは、株価の予想をしたり、日本経済お先真っ暗とかの
本を書いたりする人たちです。

その人たちは、それなりの予想に基づいて、損得を判断して、読者に何が
得で、何が損かを伝えようとします。

あなたが、もし、当分の間ほっといても良いお金があって(流動性がいらない
お金)、その「予想」を同感だと思うのなら、そこで言われている損得は、
今のあなたにとって正解です。

しかし、予想が食い違っているのなら、不正解になります。

そして、現実がどうなるのかは、その時がくるまでわかりません。
こういう事です。

余計わかりにくくなっちゃったかな。

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 20:48
181 : ◆TJ9qoWuqvA :03/02/07 20:13
日本銀行券は内地、外地の何れにも強制通用力を保有した。併し台湾
銀行券は台湾の範囲内のみしか強制通用力が無かった。
此処に当時の経済による植民地政策があった。台湾から内地への移入
(輸出ではない)は砂糖、茶、こめ(蓬莱米と称した)綿製品などであり、
移出は内地産の軽工業の品目であった。然しもっと大事な事はここが
(台湾)が日本政府の南方進出の拠点であった事であろう。

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 21:19
朝鮮は旧領土でございます。日本銀行券も通用しておりましたし日本銀行券を兌換するこ
とを條件とされた朝鮮銀行券が流通しておつたのでございます。これは終戦の日まで、日
本通貨との間に何の開きも見せませんし、送金についての制限もございません。まつたく
日本領土内の通貨として流通していたのでございます。
第012回国会 大蔵・海外同胞引揚に関する特別委員会連合審査会 第1号
昭和二十六年十一月一日(木曜日)

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 23:55
>>6
横並び、責任回避サラリーマンの集団。

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 00:27
>>33
石研究等によると自営業者の所得把握率は5〜6割。
欧米並に消費税二桁しかないのでは。

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 19:20
 突然ですみません。 
 古典的自由主義経済論にはどのような批判がなされるのか、教えてください。
よろしくお願いします。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 20:37
質問です
厚生経済学関連のスレは無いのでしょうか?
今のところ検索しても見当たらないのですが
今までそういったものは存在していないのでしょうか?

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 23:05
>>45
机上の空論

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 23:33
>>44
サラリーマン・自営業者・農家の所得補足率は
9・6・4クロヨンor10・5・3(トーゴーサン)である

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 23:34
>>44
セイの法則は成り立たない

50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 23:45
>>48
それ、むかしから言い古されている説だけど、もともとは、
交際接待費など、(当時は)必要経費とみなされていた支出で、
社員の所得と、企業の利益をともに減らした節税行為の蔓延に
びびった財務省(当時大蔵省)が、所得税からの脱却を図って
消費税導入するときに使ったプロパガンダだよ。

本当のターゲットがサラリーマンと企業だったのを隠すために
あえて農家と自営業を悪者にしたんだ。


事実がそのとおりなら、税務署員増員しても十分おつりがくるでしょ。
やらない理由は、その数字の信憑性が低いからだよ。

51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 01:02
>>50
政治家、商売人で、税務職員を増やしたいという
人はいないやろ。

52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 05:23
三つ程質問させてください。

1.グリンスパンが利上げをほのめかしていますが、これはドルにとって
上げ要因ですか、下げ要因ですか?

2.最近まで中国発のデフレが叫ばれていましたが、こんどは素材インフレ
の原因と言われています。節操無さ過ぎませんか?

3.先程、いちごBBSを覗いてきたところ、レベルが高くついていけませんでした。
あちらは上級者向けで、ここで修行を積んでからいくのが普通なのでしょうか?

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 09:34
>>45
セーの法則 Say's law 供給はそれ自ら需要をつくりだす、という命題に要約されてい
る経済学上の見解で、販路説ともいわれる。古典派経済学が共通に前提とした見解である
が、最初の提唱者であるフランスの経済学者J・B・セーの名前からこのようによばれている。
財の生産は、それに参加した生産要素(土地、労働、資本)の提供者に、生産された財の
価値に等しい所得をもたらし、その所得はすべて生産物に対する需要となるので、財を供
給することはそれに対する需要を生み出すことになる。したがって、経済全体をとってみ
れば、生産の不つり合いによる部分的過剰生産はありえても、一般的過剰生産はありえな
いというのがこの法則の考え方である。
 セーの法則では、貨幣が単なる交換の媒介手段とみなされているために、資本主義的貨
幣経済と物々交換とが同一視されている。物々交換では、生産物の「売り」は同時に「買
い」となるが、資本主義経済では、両者が統一的に実現されるとは限らず、分離の可能性
と必然性が存在する。ことに、「売り」によって取得された貨幣は貯蔵手段ともなるので、
この分離が大規模に生ずる可能性、すなわち恐慌の可能性が存在する、というのがマルク
スの批判である。
 ケインズの批判は、貯蓄と投資は一致しないという点にある。セーの法則では、所得の
うち消費されなかった貯蓄部分はかならず投資に回されると考えることになるが、両者は
まったく別々の人の決意によって行われるものであって、一致する保証はなく、その不一
致が経済変動をもたらすというものである。 (C)小学館

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 11:00
>>10
>債券価格が下がると金利は上昇し、債券価格が上がると金利は下がると言ったほうが
的確だと思います。皆さんはどう思いますか?

これは、貨幣と債券だけの世界を考える、ケインズ、ストック、流動性選好
仮説の中でのことでは。現実には、金利は様々な要素で決まるという。

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 11:47
>>15
吸収合併や、持株会社化、会社売却とか

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 13:54
>>15
88.8%も100%も同じだ


57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 13:54
>>51
意味不明

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 14:00
>>52
1.利上げは一般的にはドル上昇要因です。

ただ、すでに市場は反応していると思いますので、実際に金利があがったら
折込済みと称して、好景気が継続して次にもう一段金利が上がるのか、それ
とも景気減速から金利が下がるのかを予想して、次の相場が始まります。
2chで利上げの情報を聞いているようでは、はっきりいって遅いです。

2.節操が無さ過ぎです。
何でも中国の責任にしてしまえばよいという、無責任体質の表れだと思います。
中国発デフレと大騒ぎしていた人をチェックして、二度と信用しないようにしましょう。

3.いちごはレベルが高いというより、ちょっと現実から遊離しているような感じが
します。学者同士の学説闘争みたいなのが散見されます。
たまに覗いて学問的トピックスを入手する程度にしてよろしいかと思います。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 14:18
ありがとうございました。

いちごは特殊という事で安心しました。
もし「アレくらい、学部生レベルでしょ」とか言われたら
2ch経済板すらやめようと思ってましたよ。

60 :45:04/04/24 15:56
 47さん、53さん、ありがとうございました。

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 18:27
造幣局も見破れない偽札があったとして
日本国民全員に1000万円分ずつ配ったら、経済はどうなりますか?

バカっぽく聞こえるかもしれませんが、真面目に知りたいのです

62 :61:04/04/24 18:46
すいません、似たような感じのスレって有ったのですね

日本国民に現金1千万円を配れば経済は回復する2
http://money2.2ch.net/test/read.cgi/eco/1073709542/

ココを読んでみたいと思います。失礼しました

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 17:08
イギリス、ドイツ、フランスの家計、政府、企業それぞれの部門ごとの貯蓄投資バランスのデータを
探しています。どこにあるのか教えてください。
OECDのエコノミックアウトルックには載ってませんでした。


64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 19:51
>>31
やっぱりw


65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 19:54
>>28
その構造改革ってのを良く聞くんですが
それを詳細に教えて貰えませんか?
何をどう変えて、どう言う理屈で景気が良くなるのかを。


66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 22:44
>>65
それ、構造改革の内容はよくわからないし、理屈について正しく説明できた
ものはいないし、現実問題として景気に悪影響を与えているのは間違いない
んだけど、このスレでやるのは不適切な話題だと思う。

経済板は単発質問スレにも意外と寛容だからスレ立ててみたら?


67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 22:52
>>63
ちょっとデータ古いけどこの辺かな。
http://www.boj.or.jp/ronbun/00/ron0011c.htm
http://www.boj.or.jp/ronbun/00/data/ron0011c.pdf

日米の詳細比較はこういうのもあった。
http://www.boj.or.jp/stat/sj/data/sjhi034q.pdf

元データがほしかったら、最初のURLの下に書いてある日銀の連絡先に
電話して聞いてみたら?

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 00:58
マンキュー経済学の解答は手に入りませんか?
英語でもよいのですが。


69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 14:18
>働いてない人にある水準の生活を保障するとして、それは働いてる人から移転というか贈与し
>たものになる。これが、働いてる人にとって辛いほどになるなら、どんな制度であっても崩壊
>することになる。

>そうなると、生産を増加させて、贈与してもまだ勤労世代の生活が改善するようにならねばなら
>ない。これが、全ての問題の帰趨が長期の実質成長率によって決まってくる理由。

年金についての書き込みなんだけど、
クルーグマンの本の「経済の大事な事は3つだけ。生産性と所得分配と雇用だ」ってのが
いまいち理解できんかったのが、これ読んでハッとした。
バラバラだった歯車が噛み合ってきた感じ。
経済の理解レベルが上がったと自負してるんだけど
次のレベルになるには何をしたらいいですか?

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 20:26
日本の平均年収ってどこにかいてありますか?
あと過去5年くらいの平均年収も・・・

71 :t.m:04/04/27 21:24
>>69
>次のレベルになるには何をしたらいいですか?

経済の啓蒙書ではなくて、
経済学の入門書を読んでみては?

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 21:26
>>70
総務省統計局
消費実態調査か家計調査(なんか違うな)

73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 01:07
平均年収の調査って聞いたことないね。

労働関係の統計で、給与所得の調査は聞いたことあるけど、
年収と言ったら、キャピタルゲイン・利子所得・配当金といった
資産からの所得も含むでしょ。

あ、国税庁あたりに統計が無いかな。
この辺で探してみたら?
http://www.nta.go.jp/category/toukei/tokei.htm

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 11:32
どなたか「パレート原則」と「パレート最適」の定義を教えてください

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 13:35
>>74
まずはググれ。
で、説明文で意味がわからないところが出てきたら再度質問してくれ。
質問が漠然としすぎている。


76 :69:04/04/28 15:02
>>71
レスどうも。やっぱ避けて通れないか、野口旭の本は読めるけど
スティグリッツとかはつらそうだなぁ。

ついでに質問。
このところの株高は為替介入した金が、国債買い切りオペと
似たような効果を持っているからと考えていいのでしょうか。
そうだとしたら、日銀もインタゲの有効性を認めつつあるという事ですかね。

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 15:25
>>76
日銀は金融緩和の効果を認めているよ。

ただ、制度的に嫌で牛歩戦術をとっているんだよ。
失敗したら総裁が責任をとらなきゃならんとか、政治家から圧力かけられたら嫌だとか。

普段からしっかり仕事していないから、文句言われるのにね。
日銀村理論で無謬って事になっているから、外野の評価は不当だと思ってるんだろ。


78 :69:04/04/28 16:21
「最近の景気回復は我々日銀のおかげだよ」ってのを
アピールしとかないと、「構造改革の成果が現れ始めた」
とか言い出す奴がでてきて竹中も「気を抜かず一層の不良債権処理を」
とか言いそうで危険な気が・・・

79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 18:20
スレ違いでなければお教えください。

1989年4月に退職、同10月に結婚して第3号になるまでの6ヶ月間、
国民年金を払っていませんでした。
この場合、受け取る年金は、全額支払っていた場合に比べて
どのくらい減額されるのでしょうか?

よろしくお願いします。


80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 01:39
>>79
6/480=1/80=1.25%
(参考)
国民年金法27条
老齢基礎年金の額は、八十万四千二百円とする。ただし、保険料納付済期間
の月数が四百八十に満たない者に支給する場合は、八十万四千二百円に、
次の各号に掲げる月数を合算した月数(四百八十を限度とする。)を
四百八十で除して得た数を乗じて得た額とする。
一 保険料納付済期間の月数
(以下略)

81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 01:40
>>79
480ヶ月払えるかどうかは知らん

82 :81:04/04/29 08:46
国民年金法9条本文、同条3号、102条3号参照

83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 17:18
79です。
お答えありがとうございました。
どこかの閣僚といっしょで厚生年金から国民年金に
切り替えるのをうっかりしてました。
教えていただいたものをこれから勉強してまいります。

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 18:30
79です。
思い出したのですが、夫の転勤で移動し手続きした際に
年金係りの方がこの不払い期間に気づき、指摘してくれました。
その時点で「過去2年間にさかのぼって納めることができる」とは知らず、
その後何年か経ってこのことを知りました。
まだ間に合ったのに。
そのときどうして教えてくれなかったのか。
自分の不勉強が悔やまれますが、
同時に年金課のおじさんを恨めしく思いますヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァァン!!!



85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 21:56
配給制とは戦時中など、需要(消費)>>供給の
場合にのみ成立するのでしょうか。

現在の日本のような供給>>需要で、特に将来債務不履行
状態になり、通貨も国債も信用を失って生産力はあるけれど
信用と貨幣が死んだ場合、人間の生活を維持するために
最低限の生活ができる生活必需品を配給、代償として暇な
人間に一定の労働を強制する、ということはできないのでしょうか。

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 22:22
国民が納得すればいつでも成立するだろう。
ただ、経済理論上、憲法上、政治上問題がある。

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 22:36
学校で戦後の日本経済についてレポート書かなきゃいけないんですが
参考になるお勧めの本ってありますか?
不況はなぜ起こった、バブルはなぜ起こったのかなどをわかりやすく
書いてあるものが良いのですが・・・。


88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 22:40
日経テレコンをコピペすればOK

89 :87:04/04/29 22:44
なんかどの本を参考にしたかも書かなきゃいけないので
できれば本を教えてください(つД`)



90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 22:48
日経テレコンから孫引すればOK

91 :87:04/04/29 22:54
なるほど!そのサイト見たことないのでよくわかりませんが
参考にしてみます!トンクス!

92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 23:57
デフレの経済学
円の支配者
日本経済図説


93 :87:04/04/30 00:15
またまたレスが!
今アマゾンで調べてみたら評判も良さ気なので早速図書館行って
探してみます。ありがとう!

94 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 05:15
貸借対照表で現金貯金の欄に300億円とあるのに、
キャッシュフロー計算書の中では、現金及び現金同等物の欄が270億円となっているのは、なぜですか?

95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 07:09
それぞれの定義が異なる。(下記ページ参照)
glovia.fujitsu.com/jp/cybersmr/kessho/dht_b3_05.html

96 :95:04/04/30 07:10
(訂正)
http://glovia.fujitsu.com/jp/cybersmr/kessho/dht_b3_05.html

97 :95:04/04/30 07:24
定義はある程度自由に決められるようだ。
(参考)
財務諸表規則(昭和38年11月27日・大蔵省令第59号)
第108条 キャッシュ・フロー計算書には、次の各号に掲げる事項を
注記しなければならない。ただし、第二号に掲げる事項については、
同号に規定する資産及び負債の金額の重要性が乏しい場合には、
注記を省略することができる。
一 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(以下略)

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 10:50
>>94
キャッシュフロー計算書は、国際会計基準等の定義を基準としている
らしい。現金同等物には3か月以内の定期等しか含まれないから、現金預金
の方が大きくなっているのかも。(預金には1年以内の定期が含まれる。)
注記でその違いを説明することになっている。


99 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 12:50
購買力平価の利点と欠点教えてください

100 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 15:31
利点と欠点は、目的との比較に存在する。
それゆえ、購買力平価の目的と実用とを比較すべし。

101 :10:04/05/01 08:32
>>39 >>40

大変遅くなりました。
ご指摘ありがとうございます。言葉の使い方が不正確でした。

株を売った(債券を売った)金は何処にいくのかというのが
素朴な疑問でした。
自分にとってどれが有利かであり、各人の選好によって違う
のですね。
このような理解で概ね宜しいでしょうか?

102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 10:24
よい

103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 11:45
カルロス・ゴーンって本当に凄いか?
リストラ無しで日産を建て直したのなら、手放しで凄いと思えるけど
結局、建て直しにリストラ策が含まれてたじゃん。


104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/01 12:52
日産は、30年前から言われていたことをやっただけとも
企業風土を変えたのが功績?

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 21:54
国家の信用力とはどういう事でしょうか。
よく経済関係の記事で出る国家の信用力の意味です。

今回のイラク誘拐事件で、国際的には日本の評価が上がっている
という事は、国家の信用力が上がったという事でしょうか。
信用力が上がって、いろいろ製品を買ってもらえるようになる、
という意味でいいでしょうか。


マジレス希望しています。よろしくお願いします。

106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 00:43
経済関係の記事で出る国家の信用力
は、日本に金を貸したら、約束通り返してくれるか
ということでは?具体的には日本国債の信用力。
イラク誘拐事件とはほとんと関係がないと思われ。
イラク誘拐事件で、国際的には日本の評価が上がっているの?

107 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 02:40
信用力と輸出額にあまり関係はないだろう。
日本はもともと契約を守る国だ。

108 :経済素人:04/05/02 07:36
ブラジルが凄いと日経に乗ってたりしますが
どうすごいのでしょうか?


109 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 15:21
大学のレポートを書かなくてはなりません。

IS曲線、LM曲線を用いて、財政政策および金融政策の
効果について説明しなさい。

どのような展開をすればよいでしょうか?
経済学は初めてで、一般教科として履修しなければ
ならないのですが、さっぱり展開が思いつきません。
GW中に仕上げたいと思っています。


110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 16:01
>>108
日経を読もう、本当と思うなら。

>>109
曲線を導出して、均衡点に着目する。

111 :魔女 ◆BJwitch8fo :04/05/02 23:56
>>109
「マクロ経済学」とか名前ついてる本になら、間違いなく載ってるよ。
初級の本を図書館かどっかで探してきて、IS-LM分析のページを見るがよろし。

112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/03 07:34
自宅で株の専業で暮らしてる者ですが、現在国民年金です。 どうしても厚生年金に
入りたいが、(現状のままで)何か悪知恵を授けて下さい。  小金はあります。

113 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/03 07:43
あげ

114 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/03 07:52
あの〜アメリカの経済学界では再びケインジアンが強くなっていると
聞いたのですが実際のところどうなのでしょうか?

115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/03 07:58
>>112
やめとけ。正直が一番。
(ちなみに目的が節税や給付額増大なら国民年金基金)

>>114
単なる気まぐれだろう。

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 11:59
昭和30年から平成14年までの日本の物価上昇率、貿易黒字、経済成長率の
推移がが載ってるサイト、あるいは文献はないでしょうか?

117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 12:29
>>116
わからね〜、便利コムで検索するべし。

118 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 13:58
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe011-68/gdemenuj68.html

119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 14:02
http://www2.boj.or.jp/dlong/price/price1.htm

120 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 14:03
http://www.stat.go.jp/data/cpi/

121 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 16:17
英書で desired investment expenditure とか、 desired というのがついてる場合は
どのように訳すんですか?
望まれた投資支出とかそういう訳になるんでしょうか?

122 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 16:37
所期投資支出

123 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 16:44
>>122
ありがとうございます!

124 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 16:52
>>117-120
統計局の物価統計は1970年からだけだ  OTZ
とりあえずありがとうね。

125 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 17:06
優秀な理学部数学科の人間が経済におりてきたらどうなんの?

経済学部のやつらよりそうとう優秀だと思うけど・・・、ただやらないだけで。


126 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 18:13
分野にもよるだろうが、まぁ有利な位置にあるだろう。

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 18:16
>125
そりゃあ、経済学部の人は淘汰でしょう。
ただ、数学科のひとが似非科学に興味を
持つかは微妙。

128 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 19:02
初めて来ました。どなたか教えてください。
デノミによって100円→1円とされた場合、どのような影響が
予想されますか(預金、証券、生活等)?
漠然としててすみませんが、できるだけ広範囲に知りたいです。

129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 00:01
>>128
単位が変わるだけです。何の影響もありません。

130 :128:04/05/05 00:23
>>129
レスありがとうございます。
例えば、戦後のときのような酷いことにはなりませんか?
資産が紙切れになったとか聞きましたが・・・

131 :sage:04/05/05 01:50
>>130

本当は、それもどう思うかと思いますよ

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 01:56
>130
それは順番が逆でしょう?戦後、悪性のインフレが進んだんで、デノミ
を実施したわけですよ。紙切れになったのは、戦時国債です。

133 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 02:08
>130
第一次大戦後のドイツで起こったハイパー・インフレーションを見ても、
デノミはインフレを終息させるための手段の1つとして用いられていま
す(実際に、インフレ沈静化に効果があったのは、中央銀行の独立性
と米国からの資本流入といわれていますが)。

つまり、順番が逆なんですよ。デノミやったから資産価値が暴落した
んじゃなくて、インフレが進んで資産価値が暴落したからデノミを
行ったんです。そこのところはお間違えなく!

134 :128:04/05/05 02:50
>>132
>>133
勉強になりました。ありがとうございました!

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 09:37
経済を、物(財)とカネ(貨幣)の世界に分ける。
財の生産Y(所得)=消費C+投資I、とする。
金利が下がると投資が増え、生産が増加する。IS曲線は右下がり。
カネの世界は、貨幣と債券からなるとする。
生産が増えると、貨幣の需要が増し、債券需要が減少し、金利が上がる。
LM曲線は右上がり。
財と貨幣は金利で結びつき、IS曲線とLM曲線の交点を均衡点と呼ぶ。
財政で投資を増やすと、IS曲線は右にシフトし生産が増えるが、金利
が上昇し、効果が減殺する。(クランディングアウト)
貨幣の供給量を増やすと、LM曲線は右にシフトし生産が増える。

136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 11:55
>>124
おー、便利コムの中の、総務省の統計局ホームページ
あれすごくイイでしょう。


137 :素人意見ですが・・・:04/05/05 18:08
質問

1.カテナの事を扱ったスレはありますか?
2.もしなければ、ここで質問してもいいですか?
3.質問内容は、裁判をしたと仮定した話で、その裁判で出るかもしれない「判決」や「和解」に
  ついての、「信用問題等」の話ですが、この板でしてもいいですか?

よろしくお願いします。
尚、法律関係は、先に法律板でしてきました。

138 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 19:36
(回答)
1 ある
2 差し支えない
3 ミクロ経済学の話だろうか

139 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 23:35
経済成長率、物価上昇率、貿易収支のデータはどこに情報があるかご存知ですか?最近のデータは見つかるのですが、もっと古いデータが欲しいのです。

140 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 23:39
1000万以上の納税者すべてが載ってるサイトってドコにありますか?

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 23:42
>139
総務省じゃダメなのか?図書館にでもいけば、昔の国民経済計算年報
ぐらい置いてあるかも知れないが?

142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 23:47
>140
国税庁じゃないの?もっとも、長者番付は発表しなくなったはずだが。

143 :140:04/05/05 23:48
1000万以上納税したら、みんな名前が
載るんじゃないんですか?

144 :139:04/05/05 23:51
総務省だと最近のデータしかないんです。ありがとうございます。図書館で調べたいと思います。しかし、物価上昇率は物価指数はあってもなかなか見つかりません…。

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 23:53
>143
とりあえず、長者番付とかをキーワードにしてグーグルあたりで検索
してみれば?

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 23:55
経済白書には、長期の統計が載っている。
ネットで見れる。

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 23:57
>144
あとは、『日本国勢図会(にほんこくせいずえ)』とかかなぁ?

しかし、昔っていつ頃まで遡るの?20年やそこら前までなら、
総務省のサイトにもあったと思うけど?暦年、年度、四半期データも。

148 :139:04/05/06 00:10
昭和30年からです。
では総務省のサイトを見てみます。

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 00:20
>148
昭和30年というと、1955年。うーん、あるかなぁ?
昔、経済成長率と経常収支とか、経常収支と失業率とかの相関を
1970年年代頃まで遡って調べたことがあったけど、それより昔は
どうだったかな?

150 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 00:25
国債を発行するとインフレになるのでしょうか。
過去の事例からはそんな気がするのですが
市中の預金をかき集めて増税して金利の支払いに当てるわけですから
貨幣の流通は減って金利は高くなるし、
可処分所得は減るからGDPは減る、
デフレにしかならないと思うのですが。
しかし公共事業で資産が出現するからそれを担保に信用貸しが始まって市中通貨が増えることになりインフレになるのでしょうか。
昔は労働者の賃金は現金だったので公共事業で仕事が増えると脱税がふえて、
銀行を介して所得を得る人からのみ税金をしっかり取っていたので需要が増え景気が良くなったのではないかと
それでインフレになったのだと思いますが、どうなんでしょうか。よろしくお願いします。

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 01:02
"市場がうまく機能しているとは見えないケースとは?"
という課題が経済学の講義で宿題で出てるのですが
例えばどんなんでしょうか?
なにか具体例をあげて答えなければならないらしいのですが・・・・

152 :素人意見ですが・・・:04/05/06 01:22
>>138
お答え、有難う御座います。

ついでになんですが、誘導もお願いしたいです。
検索したのですけど、見つからない・・・
我侭言ってすみません。

あと、質問内容は下記の事です。

1.カテナの今回の事件について、裁判をしたと仮定しその裁判の「判決」が
  「錯誤無効成立」だった場合、カテナが被る「社会的信用問題」とは、どのようなものか?
  また、それを損害額で表すと、いくらになるのか?

2.裁判の結果「和解」となった場合、「和解」成立時期が、カテナが「錯誤無効」を主張した後の事とし
  その「和解」内容は、下記の内容とする。

  ・カテナは「錯誤無効」の主張を取り下げる。
  ・正規購入者(冷かしや・非現実的な大量注文を除く)の正確な人数及び台数の確定
   した後に「eMac」の販売をする。

  これに「双方が合意した」時の、カテナが被る「社会的信用問題」とは、どのようなものか?
  また、それを損害額で表すと、いくらになるか?

※「和解案」についてはいろいろの意見がありますが、上記の場合と仮定してよろしくお願いします。


このような内容です。
板違いではありませんよね?

153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 14:56
経済板で個人のスレが立ってるのって
植草、副島、竹中以外にどんな人がいますか?

154 :139:04/05/06 17:05
今日図書館で調べました。
が、物価上昇率の昭和38年以前のデータが見つかりません。
ちゃんと存在しているのでしょうか?

155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 18:28
>>132
(誘導)
ニュース速報板にある。
(私見)
一般に損害の小さいほうを選択するが、客観的に算定するのは困難。
なお損害とは「社会的信用問題」ではなく全体の損害を指す。
されば、カテナの主観的算定によって和解案は決せられると考えられる。
カテナはヤフーに責任があると主張し、法的にも社会的にも責任を
回避できると考えているように思われる。またヤフーも積極的な交渉は
行うつもりがないように見える。時間とともに「社会的信用問題」
などなくなりゆくからである。

156 :155:04/05/06 18:29
>>132>>152(訂正)

157 :155:04/05/06 18:34
以下のページには、消費者物価指数は昭和21年(1946 年)から作成しています―とある。
http://www.stat.go.jp/data/cpi/pdf/mikata1.pdf

158 :155:04/05/06 18:39
>>153
高本、浅井、金子、森永・・・ぐらいか

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/05/06 21:54
日本の貨幣需要とその変化率を過去5年程おしえてください。

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 22:18
>>139 http://www.stat.go.jp/data/cpi/200108/zuhyou/a009.xls

161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/06 22:21
確実性同値額とは何でしょう?


162 :155:04/05/06 22:26
>>159
予備的需要の推定には理論上の問題がある。よって一概には決することができない。

163 :155:04/05/06 22:27
>>159
予備的需要の推定には理論上の問題がある。よって一概には決することができない。

164 :155:04/05/06 22:30
>>161
期待収益から危険プレミアムを差引いた額

165 :自転車パンク:04/05/06 23:36
農地を買い、年利4.5%の資金2000万を据え置き期間3年、
以降償還期間10年で借り、元利均等資払いする。
現在負債の償還がないが生活費を支払うとぎりぎりの経済状態になる。
支出が不変だとした場合に、償還開始以降は、5年間は以前より毎年粗収入は何円増加させる必要があるか?

利子2000万×0.45=90万→3年分
償還金額2000万×0.12637882(年賦表)=252万7576円
こっからなにすんの?


166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/07 04:20
で、結局の所今後の日本経済はどうなんのよ?

167 :155:04/05/07 09:04
>>165
契約の内容が良くわからん。据え置き期間中の利息は元本に組み入れられるのか。

168 :155:04/05/07 09:09
>>166
大局的には人口が一番の問題だろう。
まぁしかし、他の先進諸国についていけば大丈夫だろう。
短期的な政策は今のままでおおむね良いのではないか。

169 :無職:04/05/07 16:03
もし、小泉と福井が今から会見して
「CPIが2%プラスになるまでなんでもする。
素人は株でも土地でも買っとけってこった。」
と言うだけでインタゲ宣言になるんですよね。
そしたら国債のトレーダーとかが売りまくるわけだから
どうしても金利あがりますよね。
フィッシャー効果とか、不完全雇用だからとか関係無く
売ろうと思う人がいればそれだけで金利急騰するんじゃないんですか?

170 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/07 19:30
>>169
金利急騰というのがどの程度をイメージしているのか、明確にしてから質問してください。

それから、金利が上昇する過程で、他の経済主体でおきていることにも着目した方が
良いと思われます。

資金の供給をしているのは、国債トレーダーではありません。企業や個人の預金・信託
などが原資で、トレーダーはそれを運用しているだけです。

インタゲ宣言が出たときに、他の経済主体が、
1)景気回復を予想し、投資額を増やして借り入れ増加
 → 景気回復・金利上昇・物価上昇
2)景気回復は無いと判断し、投資手控え・預金増額・借金返済
 → 資金余剰感が強まり、金利上昇の効果は相殺される・物価停滞
という2つの可能性があります。

前者はインタゲ成功、後者はインタゲ失敗です。
が、後者は現状維持とも言います。


51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)